中野シネマ

ミンボーの女の中野シネマのレビュー・感想・評価

ミンボーの女(1992年製作の映画)
4.0
痛快痛快。
民事介入暴力でミンボー。
ヤクザに成長させてもらうダメホテルマン。ヤクザに屈しなくなっていく様子がかわいかった。
1992年の時代背景はあとから調べて知った。ただ時代背景云々抜きにして、サラリーマンの横並び見て見ぬフリの皮肉描写から見て、日本の社会はいつの時代もこんな感じなのかもね。

最後に、あーブランコ乗りがち〜って思ってたら、ギバちゃんの鉄砲玉。見せ場のシーンだがどうも笑ってしまう。