バレンタイン

ロミオ&ジュリエットのバレンタインのレビュー・感想・評価

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)
4.6
原作既読。自分にとって大切な映画。最初の一秒から最後の一秒まで全て好き。

世界観とか雰囲気がとにかく最高。そこにシェイクスピアの物語と奇跡のようなキャスト、最高の音楽でお腹いっぱい。

原作は少し喜劇っぽい側面もあるんだけど、この映画では人を愛することと同時に、人としての気高さとか、信念みたいな部分をしっかり描いている。そこが好きな理由なのかなあ。

美しくて、儚くて、そして強い意志を感じる映画。

Pride can stand a thousand trials,
The strong will never fall,