ロミオ&ジュリエットの作品情報・感想・評価

ロミオ&ジュリエット1996年製作の映画)

Romeo + Juliet

上映日:1997年04月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロミオ&ジュリエット」に投稿された感想・評価

WOWOWで初めてみた。なんかよく分からなくて、想像よりギャング映画っぽかったから飛ばし飛ばし見ちゃったけど、ディカプリオかっこよすぎだしロミオとジュリエットの2人のシーンは素敵だったし綺麗だった。最後はなんとも言えない切なさ…。
ロミオとジュリエットを上手く現代版に落とし込んでいてよかった。両家を貧困層と富裕層の対立にしたのは上手いと思った。アメリカの黒人の歴史とかも知っておくとより楽しめると思います。マキューシオをよく黒人にしたなと感嘆しました。
shoko

shokoの感想・評価

4.4
レオナルドディカプリオのイケメンぶりが際立つ、、ロミオとジュリエットってこんな虚しいお話だったのかと思った
shimesaba

shimesabaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


なんでこんなにも情熱的な恋男なの、、、
レオナルドディカプリオ、、、

シェイクスピア読んでから見たのでなんだか異世界だったんだよな、世界は近代で音楽もディスコミュージックだったり喜劇とは違ってクラシックじゃないのに字幕は原作へのリスペクトなのか本のまんま

「バラも名前は変わっても匂いは変わらない」
憎しみを持つ両家の名前に翻弄された若き二人の犠牲者、、、

それなのに映画らしいシャレたアクションとか現代感がコミカルで異世界だったなぁ

それでもマキューシオが殺される場面ではクラシック音楽に緊迫した昔らしい銃を使わないシーン

憎しみはいつの時代も変わらないってことなのかな、あのコミカルな現代感は映画ならではのリメイクと世界は変わっているよ、ってことなのかな

水は彼らの悲しみを表してる気がした
水槽越しのキス、ジュリエットがお風呂から出てくるシーン、ロミオが水で顔を洗うシーン、惨劇に向かう末路への契機な気がした

悲しみの雨マキューシオの死

それでもティボルトの敵討ちは銃を使う
地位名声に囚われる時代は終わったってことか、、、?

最後のシーンは本当はロミオとジュリエットは話もできなくてジュリエットが起きた時にはロミオは命をたってるんだけど2人が話すことを許した脚色は平和への祈りかな、それでもハッピーエンドにしなかったのは地位名声を気にする時代は完全に終わったわけではないってことな気がする

素敵な脚色だな
ずっと、ずっとミステリアスでフワフワした異世界を感じました、伝記みたいな構図がまた面白くてシャレているなぁ、と思いました

美しい純愛物語、、、悲劇のロマンスは
タイタニックとこれが1番好き、、、
原作既読。自分にとって大切な映画。最初の一秒から最後の一秒まで全て好き。

世界観とか雰囲気がとにかく最高。そこにシェイクスピアの物語と奇跡のようなキャスト、最高の音楽でお腹いっぱい。

原作は少し喜劇っぽい側面もあるんだけど、この映画では人を愛することと同時に、人としての気高さとか、信念みたいな部分をしっかり描いている。そこが好きな理由なのかなあ。

美しくて、儚くて、そして強い意志を感じる映画。

Pride can stand a thousand trials,
The strong will never fall,
恋人たちの悲しいお話。
なんのロミジュリみても思うけど
いろいろタイミング〜!って
なる😳あともうちょっと
はやかったら、、、
あともうちょっと遅かったら、、、
って思ってしまいます😣
ただ、モンタギュー家と
キャピュレット家のいい大人たちが
醜い争い事しているのが
1番よくない😣
話し合って、許しあえたら
こんな悲劇は起こらなかったのに〜。
何度みてもクレアデーンズもレオ様も
美しすぎます☺️✨✨✨
kana

kanaの感想・評価

3.5
水槽越しでの運命の出会い。
一瞬で恋に落ち
大好きを体全体で表現♪
そして幸せいっぱいのあの笑顔😊
恋愛っていいなぁ😆
見てるこっちも幸せになります💓
この2人、
撮影中は仲が悪かった?
いやいや絶対お互い好きでしょ?
っていうくらいの自然の演技。
やっぱり俳優さんはすごいですね😁

そんな幸せいっぱいの
ロミジュリに訪れる悲劇。
デズリーの『I'm kissing you』のメロディが
合うんですよねー。
切なくて胸が苦しくなります💨

シェイクスピア×現代。
台詞が時代に合わずなところも
ありましたが、
いいリメイクだったのでは
ないでしょうか♪

命を懸けた恋は
やっぱりアツい!!!!😍

にしても
ポールラッドが出てて
びっくりでした‼️
やっぱり三枚目なんだけど
世間知らずのちょいイタ青年が
よかったです😄👐

☆music.jpにて鑑賞☆
2019年132本目
>|