どーもキューブ

13日の金曜日のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

13日の金曜日(1980年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

ショーン監督の祝ジェイソン誕生


ショーンSカニンガム監督

クリスタルレイクで繰り広げられるお色けと殺人。

地味ですが、緊張、ショックのバランスが一番良い第一作め。

実際あった事件をもとに殺人が展開。

メイクは巨匠トムサビーニ先生!

バッチリ決まってます。

音楽の

キルキル マァマァマァ

も不気味。

はじめ聞いた時

チュチュチュパパパ

と空耳ってました。


当初制作側もヒットすると思ってなかったようです。

ジワリジワリくるカメラと挟まるお色け。

なぜかケビィンベーコンでてます。

ラストに残る役者さんが微妙に綺麗で演技上手の方です。(前作つうじて)

ラストが非常に好き。

ちょいワカメがかっているから。

祝ホラーヒーローの誕生です。

2008年9月20日 21時38分レビュー

追記
キルキルキル チュッチュッチュッ パッパッパッ  初回スリーブ付DVD所持。  

私のアメリカンヒーロー、チュチュパパ  

ジェイソン誕生です!

ですが、今回は、違います!

スラッシュ殺戮ホラーの素晴らしき誕生映画。亜流映画が、何本も出来ます。ショーンSカムニングの素晴らしい功績!

ジェイソン誕生までの、クリスタルレイクでの惨劇!

ぜひ!どうぞ!

なおケビンベーコンはっきり出てますんで、よろしゅう。

ちなみに「エルム街悪夢」には、ジョニーデップ君でてますよ!

ていうか、この映画のフィギュアがあるから、ラストの殺戮者のね、びっくり!

ラスト本当に大好きです!
トムサビーニ先生の絶好調!