ダース米田

未知との遭遇のダース米田のレビュー・感想・評価

未知との遭遇(1977年製作の映画)
3.6
各地で発生するUFOの目撃情報とアブダクション。
様々な困難を乗り越え、人類はついにエイリアンとの接触に成功する。

スピルバーグ監督の代表作としてよく挙げられる本作ですが、個人的にはそこまで傑作とは感じなかったかな。

映画としてのスケールはあまり大きくなく、エイリアンとコンタクトするだけで終わってしまった感があった。
ただし、視覚効果と音響に関してはとても神秘的で惹き付けられるものがあり、スターウォーズとはまた別の映像の革命を起こした作品というのも納得できる。

ストーリーはちょっと単調気味ですが、一種のドキュメンタリー的な物だと思えばなかなか興味深い作品。
暗闇の奥から光が迫るシーンを一瞬UFOかと錯覚させる演出はニクい(笑)
これぞスピルバーグ流の「観客の想像力を掻き立てさせる」演出!!