ネルエル

未知との遭遇のネルエルのレビュー・感想・評価

未知との遭遇(1977年製作の映画)
3.2
終盤まではあまり面白く感じなかったが、音でコンタクトを図る場面は恐怖を感じたと同時に好奇心をそそられて、強く印象に残る。

大人になりきれない主人公が、家族を蔑ろにするほど探究心、好奇心に突き動かされる姿には、理解し難いところもあるが、それほど未知なるものが魅力的だったのだろうし、選ばれた者ゆえだろう。

あんな奇妙な形状のデビルスタワーが実際に存在するなんて驚いた。