どーもキューブ

ゴーストワールドのどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

ゴーストワールド(2001年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

テリーツワイゴフの人とは違う個性



テリーツワイゴフ監督、原作脚本ダニエルクロウズ。

主役の二人の個性が突出した人間味をかもした青春映画。

まだまだ幼い感じ

声はハスキースカーレットヨハンソン。

髪の色が異様な眼鏡娘、ゾーラバーチ。

通例アメリカっぽいネアカさがまるでない。

少数派をしっかり意識しすぎた二人。

現実こそゴーストワールド?人とは違う個性の世界。

そんな高校卒業後のドラマ。

今作は二人のキャラ、衣装などはもちろん画面内に一癖ありすぎな物が多々でてくる。

監督センスのたまものだ!

最初のテレビにうつる異様な歌手の踊り、ブシェミ店主のレコード、そのレコードの歌の意味等!

日本でもこういうアプローチな青春映画が欲しい。

2008年12月24日 15時26分

追記
2001年作品の小品ですが、徹底的個性派たる雰囲気をかもす素晴らしい青春映画。

テリー監督のこのぶれないあぶれたささくれたように感じる少数派の人々を描くタッチは、全くぶれず。

今や完全たるハリウッド女優に貫禄さえ感じるスカヨハのティーンぶりは、必見!この頃からハスキーボイス!

私は、完全ソーラバーチ目当てでみたら見事にテリー監督のおばけな世界に包まれた作品。

裏傑作の青春。

おたくだけど、うるっせいな!感はんぱない2人の恋とおばけな現実とデタッチメントな青春の壁

根暗な私にぴったりな人とは、違いすぎるその個性!

冒頭のYouTube的ダンス鬼必見!