まつき

ゴーストワールドのまつきのレビュー・感想・評価

ゴーストワールド(2001年製作の映画)
3.9
高校卒業を迎えた女の子イーニド。思春期らしく「人と同じになること」に反発する。大勢で集まってヒャッハーするような人たちに嫌悪感を示し、社会のレールに乗ることをダサいと思っている。しかし、「あたしだけは違う!」と突っ張るも、結局自分が何なのか、何をしたいのかさっぱりわからない。ついには近しい人も、それぞれの道を歩んでいき、取り残されていく…。そんな思春期こじらせ系映画。

観る人によっては、「自分を見てるようでもう見てらんない!」となるか、「おお…仲間よ…」と心の拠り所にするか、「なんだこの駄目人間は」と一蹴するか、様々な反応になるのでは。

私はもう思い当たるフシがありすぎて、ちょっと赤面しかけるレベルだった。どれだけの人が、イーニドと同じ状況に陥ってるのだろう。それとも、程度は違えど、みんな同じことを考えるものなのかな?この辺りも非常に気になる。

イーニドが取り残されていく様子を、いろんな立場の人物を配置して描いていて、面白い。イーニドとそれぞれの人との距離感が様々なため、これでもかというくらい取り残されている。

イーニドのポップでおしゃれな衣装が印象的で、劇中でコロッコロ変わっていく。この辺りも、自我が定まらない感じを表しているようでとても面白い。

おしゃれで、主人公が若いため、明るい映画に見えつつも、思春期ならではの心のドロドロが潜んでいて、そのアンバランス感が面白い映画だった。

イーニドの吹き替えは高山みなみだったのか…吹き替えでも観てみたいな。