ゴーストワールドの作品情報・感想・評価

「ゴーストワールド」に投稿された感想・評価

anna

annaの感想・評価

4.5
キラキラリア充世界に刃向かうように女の子の青春。
イーニドのファッションセンスがとても好き。ダメに生きる。可愛くて強くて面白くて弱くてかっこいい女の子。
新田畳

新田畳の感想・評価

5.0
進学せずとも、気の向くままに生きていけると思っていた。

いつも一緒にいる親友も、道端で何日間も野ざらしにされたままのジーパンも、廃線になったバスを毎日待ち続ける痴呆老人も、ずっと同じ世界にいてくれるはずだった。

誰かにとっての良いもの、誰かにとっての悪いもの、お互いを無視し交差しながら時と共に移ろいゆく。
別に何かが欲しいわけじゃない。
ただその変化に馴染めない自分がいるだけだ。

明日も明後日も明々後日も"同じ今日"が来なかった時に、昨日という時間を「青春」と名付けるぐらいの事しか自分たちにはできないのだろうか。
ふとイーニドとレベッカのコンビに会いたくなって、なんとなく再生。彼女らのまるで猫がじゃれているような日々が最高で、やっぱりいつ見ても羨ましい。
'50sダイナーもどきで働くブキミ君やコンビニで働く友人のジョシュ。街角で廃線になったバスを待ち続けるお爺ちゃん。
スティーブ・ブシェミのレコードオタクっぷりもまったく違和感なくて、ずっと彼らの行動やファッションだけを追いかけていたい。

とは言いつつ、ストーリーはかなりグッとくるものがあって。卒業後に疎遠になっていく友人や、つまらないことでズレが生じたり、自分以外のみんなが将来に向かって動き出している(ように感じる)時の寄る辺なさとか。
周りがつまらない人間だらけに見える一方、自身の空っぽのプライドは慰めてくれず、結局表に出るのは反抗的な態度ばかり。
イーニドとレベッカの表情の変化はモラトリアム特有のモヤモヤそのもので、この時代、瞬間にしか撮れなかった彼女たちの姿が愛おしい。
たまに見返すと普段は開けることのない蓋が開いて、封印していたもの、忘れていたもの、大事にしていたものが次々と飛び出してくる。
ゴーストワールドってのは空っぽになった街のことなんだろうな。
何気ないけど街の描写もとても好み。

余談
デイブ・シェリダンのコンビニでの格闘シーンは強烈で忘れ難いのだが、DVD特典ではたっぷり2パターンも収録されているので必見。
岸波藍

岸波藍の感想・評価

5.0
一番と言い切れる。
イーニドは自分のようで見ていて嬉しくも寂しくもある。
普通じゃ嫌、大人になりたくない。
でもどうしても大人にならなければいけないのかなと自覚させられる環境、時間は経ち続けて楽しかったあの頃に戻れないと自覚させられる。

卒業パーティーのシーンが大好き。
ダサすぎていい。って言葉のニュアンスはすごく共感する。
イーニドとレベッカで手を繋いで揺らいでる後ろ姿。おそらく地味目で目立たない男子が一人で周りを見ながらケーキを食べるシーン。泣きそうになる。この時のイーニドの気持ちがすごくわかる。

どんな時でも見たくなる映画だけど、やっぱり少しダウナーな時に見たい。
気づいたらこの世界観を求めてしまう。
自分にとってしおりのような映画。

細かなシュールさや、小物、ファッション、言葉のチョイス、間、空間、ワードセンスが最高。オープニングから笑ってしまう。

自己紹介とともにこの映画を見せたいくらい。
この世界観はずっと大好きだ
イーニドに憧れて高校の卒業式の前日に髪を緑に染めたなぁ。
けっこうすき。

ソーラバーチというひとよかった。

素直になれないんだけど、愛情はまっすぐなんだよな、

媚びないで、軽いノリで生きていたくないのに、現実はうまくいかなくて。


追記
観て数日経ったけど、なんかあの生きている雰囲気に励まされている自分がいる。映画全体のトーンとか。また観たいな。

ブシェミじわっといい役者だなー
Fuu

Fuuの感想・評価

3.5
すごく長く感じた‥‥‥😵
この空気感最高に好き。
akitoshi

akitoshiの感想・評価

3.2
スカーレットヨハンソン若過ぎてびっくりでした。
>|