ゴーストワールドの作品情報・感想・評価

「ゴーストワールド」に投稿された感想・評価

セロリ

セロリの感想・評価

4.0
同級生とは距離を置き、周りの人間はみんなバカだと見下していた主人公と親友は卒業を機に変わる。
環境の変化で新しい友人も出来るし人間関係変わりやすいもんで、いつの間にか社会に適応していく者が劇中で言うバカになって空気を読んで周りに馴染んでいく。
イーニドの将来の姿は、それが出来ず社会に適応できないブシェミであろう。でもそれはイーニドにとってはヒーローであり、自分の求めていた安心できる居場所。
自分の世界は自分で守らないと。
現実社会に向き合わなくても、自分で選んだならいいんじゃないかな。
好きなように生きるのは理解者を得にくいけど仕方ない。
好きは楽な道じゃないから。
楽は退屈だから。

主人公にあんまり共感出来なかった私は今凄い社会に溶け込めちゃってるのかな〜〜悲しいような嬉しいような!
周りを見下さず、みんな以外と自分と一緒だと認めた者が早い者勝ち!
イーニド居場所が見つかるといいね!
よっ

よっの感想・評価

3.9
世の中の男はあなたの方が好きなのよ、みたいなんとか でもいざ受け入れてくれる人が出てくると信用できなくて怖かったりとか...
高校生の自分を見ているみたいで結構キツかった。あんなダセー服は着てなかったけどな!(たまに可愛かったな)
VerseroGoe

VerseroGoeの感想・評価

4.2
隠れた名作の一つ
lisako

lisakoの感想・評価

5.0
好きにきまってる
IKD

IKDの感想・評価

3.3
ブシェミが良かった
こじれてんな〜〜〜〜
前にみた『スウィート17モンスター』のもっとこじれたバージョンみたいな(雑な例え)
スカーレット・ヨハンソン若すぎ、あとイーニド役の女優がアメリカンビューティに出てたこと途中で気づいて「アァ!😮」ってなった。とにかく2人とも爆乳。

衣装とかセットとか、独特でイモ臭いけどかわいい。
群青

群青の感想・評価

4.0
これの一個前のフェリスはある朝突然にという青春モノの作品で散々こき下ろしたワタクシですが、このゴーストワールドという青春モノこそ傑作だと思いました笑
結局のところ自分の好きか嫌いかなんでね、このアプリのレビューの点数のつけ方は笑


何が良いってモラトリアムの描き方がすごい。
他の人はみんなつまんない、この世界はつまんない。と思っている女の子がひとまわりもふた回りも上の変な男と出会う。彼の感性や好きなものを知っていき、もしかするとつまんなくない人もいるかもしれない、というところから起きるドラマ。


何が起きるっていうのでもなくて淡々と進んでいくんだけど、こういう時あるなぁって共感できる。
世界はもっと輝いているはずで周りと違うところだらけに違和感も感じつつもそれが嬉しくて、でも生きていくならそのつまらない世界に順応していかないといけない。
普通に生きたいけど、生きられなくて、いやホントは生きたくないのか、とか変な考えばかりがぐるぐる回る。そんなふうに回っていたらどんどん時間は進んでいき友達も変わっていく。

何が本当の自分なのか。変わっていると思っていた自分に普通なところがあることに対しての戸惑い。身を任せていいのか変なままで生き続けるのか。
そんなモヤモヤが全て内包されている。


ずっとバスを待ち続ける老人がいるんだけど、彼女はそれを最初は変な人と思う。でもなんだかんだあって最終的には彼だけが自分のよりどころと思ってしまう。でもそれは結局幻で頼るものもなくなった時何をするのか。その時は自分で考えるしかないんだなって。
自分で考えてそれが良いことが悪いことかは分からないけど考えることが大切なのかなと。

彼女の進む先に幸あれ。
あ

あの感想・評価

4.4
アメリカな暮らし、ファッション、お店、お家、この映画を彩る世界観がすごく好みだった

前半こそ、高校を卒業して自由奔放なモラトリアムを過ごす仲良し女子2人とその周囲を描いたコメディかと思っていたが、後半でだんだんと雲行きが怪しくなる
一癖も二癖もある彼女たちはとても不器用で、どうしてそうなっちゃうんだよ、という言動をしてしまう
シーモアがすごくいい人だったからなんだか辛くて切ない
なにかしらのメタファーに違いないラストシーンの「バス」については、「ゴーストワールド」というタイトルや雰囲気から死を連想してしまうけど
バスの行き先が明るい未来であることを願う
みなみ

みなみの感想・評価

3.8
ブシェミにレコード売ってほしい人生だった
>|