ピッコロ

ノー・マンズ・ランドのピッコロのレビュー・感想・評価

ノー・マンズ・ランド(2001年製作の映画)
4.0
なかなか衝撃的なラストシーン

面白い!
ボスニア紛争を題材にした戦争映画。
ただ、戦闘シーンはほとんどなく、ある地帯に取り残された男達の物語。

戦場から、映画が始まるので余計なストーリーが一切省かれている。
最初から最後までずっと、戦場。

ボスニア軍とセルビア軍、双方の前線の中間にある無人地帯(ノー・マンズ・ランド)が舞台となる。
ボスニア軍の男は、セルビア軍から攻撃を受け中間地帯に迷い込む。
それを追いかけるセルビア軍の男。
双方が中間地点で対峙し、膠着状態に。
さらに困ったことに、ボスニア軍の負傷兵士の体の下には地雷がしかけられている。動けば爆発するという危機的状況にどうするかというお話。

最初はお互い、敵対してたが、その状況から抜け出すために手を組む。
中間地点の周りには両軍が見張っており、動くことができない。
どちらか一方が助ければ、片方の軍からいっせいに攻撃される。
この駆け引きが、面白い。

やがては、テレビ局、爆弾処理、国際連合保護軍(フランス軍)を巻き込みスケールの大きな話へと。

そして、このなんとも言えないラストシーンがズシンと心にのしかかる。

戦争に救いは一切ない。

wowow