しゃにむ

月世界旅行のしゃにむのレビュー・感想・評価

月世界旅行(1902年製作の映画)
3.0
「月が汚いですね」(夏目岩石の言葉)

Long long time ago…
地上に降り立って5年程経った頃のしゃにむ少年はお皿をフリスビーに見立てて遊ぶ無邪気なモンキッキーズ(IQ猿並み)でした(当然ながら母君にかなり怒られました)

当時、お皿フリスビーより楽しみにしていたのは早朝にテレビでやっていたポンキッキーズなるホラー番組です。子どもの肉が大好物の怪物ガチャピンと鮮血で全身真っ赤なモップお化けムックというグロテスクなキャラクターに無我夢中でした。彼らに食べられなかったのが不思議なほどの傾倒ぶりでした。

どんなきっかけかは忘れましたがポンキッキーズを視聴中に流れたのが今作で強烈な存在感を放つ「人面月」…以来ナイーブなしゃにむ少年に拭い去れぬトラウマを抱えてあれだけ好きだったポンキッキーズから離れてゲーマーの道を歩み始めるのでした…(END)

こんな古い映画は初めてです。
100年以上前のフランスの映画なんですね。日本の日露戦争の数年前ですか(´ι_` )

話はシンプル。月に行く、帰る、だけ。

・ぶっ飛んだぶっ飛び方
→マリオに出てくるミサイルみたいなロケットをドカンと打ち上げて月に打ち込む。月に対してサイズが明らかにデカイ…もしかして我々とは別の惑星の住人なのか(新説)

・サイヤ人も真っ青なスーパー地球人
→月面に酸素ってありましたっけ?ロケットから降り立つ博士たちはみんなピクニックにでも行くようなラフな格好。酸欠で苦しむ様子も無い。さらに月にいたエイリアンに襲撃されると傘を一振りで粉砕…エイリアンが一瞬で煙と化します。サイヤ人より強いかも…

・汚ねぇ月だぜ(サイヤ人の王子談)
→バラエティー番組でよく投げるパイをおじさんの顔にぶつけた様な容貌です。ドロドロ溶けてるし色白だし…こんなもん見せられたらトラウマにもなりますよ(;∀;)

短編で15分くらいですかね。YouTubeにアップされてるのでよければどうぞ。トラウマになっても責任は取りません(ニコリ)

歳をとれば割と平気ですな。時の流れを感じます。かつてのひ弱なモンキッキーズは今では立派な12モンキーズの一員です(おや)