さ

スワロウテイルのさのレビュー・感想・評価

スワロウテイル(1996年製作の映画)
4.2
2回目。
どこを切り取っても画になるような映像が美しい、岩井俊二らしい映画。

入り混じる言語、遠くに見えるビルの看板と廃退的な家。彼らは中国でも日本でもない"イェンタウン"の人間なのだ。
そして"イェンタウン"としての誇りとプライドを持っている。
人間の汚さと欲望、優しさ、信頼、みんな人間らしさに溢れている。
立場や血縁、金、そんなのを通り越した優しさは、きっとこの映画に出てくる日本人よりもよっぽど人間らしさに溢れている。

岩井作品に出てくるCharaはどれも少しワガママで自由奔放、でも芯が強いとても"女の子らしい"女の子でとても好み。
でもピクニックよりもこっちのほうがかなり見やすいと思う。Charaの良さが存分に出ていてとても良い。序盤のシーンごとに変わるグリコの服装が全部かわいい。
グリコのような女の子になりたい。エンディングの「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」はとっても好きな曲。劇中歌もとても良い。好きな映画です。

家にYEN TOWN BANDのCDがあって、昔に母が買ったものらしく、親子揃って同じような好みしてるんだなと思った。時代は回る〜