Maiko

ジャックのMaikoのレビュー・感想・評価

ジャック(1996年製作の映画)
5.0
マイベスト映画です☆

普通の人の4倍の速さで成長する少年ジャックと彼を取り巻く人々の物語。普通の人より短い人生だけれど、ジャックは次第に自分の運命を受け入れ、一日一日を精一杯生きていきます。

彼の純粋でひたむきな姿に胸を打たれ、「生きる長さではなく、どう生きるのか」が大切だと教えられます。

特にラストシーンでのジャックのスピーチは涙なしでは観ることができません。
「人生は儚い。悩んだ時には夜空を見上げて欲しい。流れ星が夜空を明るく照らし出したら、願い事をして、そして、僕を思い出してくれ。君の人生を輝かしてくれ。僕はそうしてきた。やったよ、ママ。僕は大人になれた。」

生きることの大切さと命の儚さが心に響き、自分もジャックのように、今という時間を精一杯生きようと元気づけられました。何度観ても感動できる最高の映画です!