ktr

霧の中の風景のktrのレビュー・感想・評価

霧の中の風景(1988年製作の映画)
4.3
沢山の長回しと子供の詩人のような台詞が印象的でした。心憂いストーリーで胸が締め付けられました。

メタファー要素もあり奥深く、鑑賞後じわじわと評価が上がってきています。
静かで美しい映像には少しタルコスフキーの『ノスタルジア』に似たものを感じました。あれはまだ自分には早く、背伸びをしすぎて足をつった感があったけど、これはまだ理解出来た方かな。
しかしまだまだこの映画を楽しむだけの知識が不足していたことは否めなかったです。

人々が雪に魅せられて時が止まったかのようなシーンに鳥肌が立ちました。