霧の中の風景の作品情報・感想・評価

「霧の中の風景」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.3
話は脱線するが、11/4 富山に帰郷して、黒部市の吉田科学館で「剣の山」という映画を観た。山岳警備隊で剣岳で遭難死した父を持ち科学部に所属する高校生が科学部顧問や部員と剣岳目の前の剣沢に登山しキャンプ泊する短編映画だが、短編映画はプラネタリウムに投影された。プラネタリウムで映像を観ると立山連峰に囲まれた星空がゆりかごのような映像だった。

父の友人だった科学部顧問が父を失った青年を励ますのだが、地球の自然や生命が何万年もの時をかけて、今日のこの日がある事を説き、科学館の役割を担いながら物語が破綻していなかった。夜空の星座はギリシャ神話から作られ縁が深いのだが、ギリシャ神話に彩られた世界も長い歳月をかけて世界で語り継がれた物語である。

「霧の中の風景」は自分が東京転勤になって上京した年に観たが岩波ホールでなく、昔の日比谷シャンテだったと思う。「霧の中の風景」には「旅芸人の記録」に出演していた一座のメンバーが出演している。

映画はギリシャに住む12才の姉と5才の弟が、母からドイツに住んでいると聴き、父に会いに行く、現代ギリシャを旅するロードムービーであるが、ファンタジー映画ではない。

姉弟はギリシャの駅でドイツ行きの電車に乗ろうとするが、未遂に終わる。勇気を振り絞って再度、電車に乗り込むが途中で、
車掌に見つかり、伯父に連れ戻される。伯父の話では、父は母が語った妄想らしく父は実在しない。
ギリシャの街に珍しく雪が降り、街の行き交う人々の時間が止まっているのに、姉弟だけが、伯父の話を否定するように雪の中を走り去り再び旅に出る。

姉弟は「旅芸人の記録」の旅芸人一行の中のオレステスに出会い、旅の途中の旅芸人一座とも出会うのだが、時代が変わって「羊飼いのゴルフォ」の芝居は場所を貸してくれる人も少なく、誰も観てくれない。旅の途中、姉はトラックの運転手に強姦されてしまうが、それでも旅費を稼ごうと売春しようとする。姉はオレステスに憧れて恋をするがオレステスが同性愛者だった。国境のように見える川を渡ると霧の中にある一本の樹が立っている。姉弟が一本の樹へ駆けていき霧の中に溶け込んでいく。

姉弟が黄泉の世界に行ったのかは定かでないが、この映画はファンタジー映画ではなく、アンゲロプロス監督が作った現代のギリシャ神話なのだろう。それでも自分には「旅芸人の記録」で観たギリシャの曇り空よりは「霧の中の風景」のギリシャの空が少し明るく見えた。
12歳の姉と5歳の弟がいるかどうかわからない父に会うため列車に乗ってドイツへ向かうロードムービー。たまらなく悲しい話。

映画専攻だった友人が大学の講義で習って感銘を受けたと言っていたので興味があった。
今なかなか見つからないんじゃないかな、、とのことだったがTSUTAYAに普通に置いてあったのでまじ感謝です。

ということでテオ・アンゲロプロス デビューを果たしたが、結構衝撃を受けた。
執念の長回しが狂人レベル。

冒頭から普通の映画じゃないなという気がしてたけど馬が死ぬシーンあたりで確信に変わった。
印象的なシーンが山ほどある。
姉弟が山道を歩いてる途中、旅芸人のイケメンに声をかけられるところ
目の前を通り過ぎる列車をただ呆然と立ち尽くして眺める姉弟

なぜだろう、ただゆっくりとした時間の流れを見ているだけなのに胸が締め付けられるような気持ちになる。
自分が幼い頃の映像を見ているような錯覚。

思春期の少女が大人の男と色んな意味で交わって成長していく過程。素敵なお兄さんもいれば、ゲス極まりないオヤジもいる。
たぶん全ての女性が大人になる過程で経験する男性に対する感情を濃縮してこの旅に詰め込んでいるのであろう。
一方の弟はまだ死や、働くという概念がわからない。まさに人としての営みを学んでいく過程を思い起こさせる。
いろんな成長を目の当たりにできる。

アクション映画が好きな人なら退屈過ぎて投げ出してしまうかもしれない。
洗濯機が回っているのを眺めていてもいつまでも飽きないのと同じような不思議な感覚を覚えた。
y

yの感想・評価

1.0
テオ・アンゲロプロス、これはエレニの旅同様駄作だと思う。評価がたいのがわからない。

主人公に共感できない。
監督の自己満足作品に思う。エレニの旅はオチがないし主人公の努力や苦労を描こうとせず流動的に生きて不運の結果だけ突きつける。映像美や音楽だけだけ見せたい「俺ってすごいでしょ」みたいな。観衆無視の映画かなと。
霧の中の風景も、小さな子がどいつまで行くに至った動機が描かれず、すくすくいい子に育っている。少しの好奇心で無賃乗車やドイツまで行くってとこが最後まで理解できない。
ツギハギの展開。
こうのとりたちすさんでと永遠と1日は観客に向き合っていたと思うのに。時間も含め借りて損した感。
門田

門田の感想・評価

-
過去鑑賞。
o

oの感想・評価

-
静かに淡々と流れる正気と狂気と。
映像以外では沈黙の夜の秘めやかな恋心がとても美しいと思った。
”そっとしておこう、何か大切なものを見つけたんだろう”
“最初のときは、みんなそうなんだ”って台詞
kei

keiの感想・評価

-
ツラーい話をストレートにツラーく撮ってるので観ていてツラーく悲しーい気分になります。ラストカットも救いなのかわからない。でも強くおすすめします。
sakikas

sakikasの感想・評価

4.3
姉が弟の手を引いて歩む、その絵だけでもうひたすらに尊い。

人差し指の欠けた神の手。
uyeda

uyedaの感想・評価

4.0
未だにアンゲロプロスについては、語る言葉を持てていない。それは監督の意図する所で、かなり開かれた作品であろう事は明らかだが、もう少し待ちたい。凄すぎるので
TJ野

TJ野の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

テオアンゲロプロス監督作品を初鑑賞。
ある姉弟が、生まれてから会ったことのない父親に会いにドイツに行くロードムービー。しかし、これは普遍的なロードムービーではなく、数々のリリカルな詩的表現に満ちた、ある種ファンタジーにも似た、叙情的作品である。事実テオアンゲロプロス監督は、この作品を「おとぎ話」だと自身で語っている。
父が存在しないことを知ってしまっても旅を続ける、しかし、理不尽な社会に揉まれ一度それを諦めそうになるほど絶望する。しかし、同じく社会や時代の流れに苦悩する、若い旅芸人と会うことで、愛情と温情に触れ、奇跡的にお金も手に入れ、ドイツ行きの列車に乗ることができる。もはやこの姉弟は、父の存在をドイツと重ね合わせ、ひたすらにそこを目指すより他ない。
しかしながら、旅券がない二人は、川を渡り密入国することにする。しかし、警備に発見され、発砲される。夢か現実か、二人は目覚めると、川を越えていて、深い霧の中に一本の大木を見つける。二人は一目散に木に駆け寄る。大木に「創世記」における生命の起源の混沌と、二人の生命の起源である父なる存在を見出した二人の旅はここで終わる。
アンビエント的映画。撮影現場のアトモスフィアが画面越しに伝わってくる。天空に浮遊する(ように見える)石像の手。恐らくなにかを指していたと思われる、その人差し指が折れて無くなっている。神の手を思わせるその手は、目的をなくした三人の旅を暗示している。だからこそ、最後のシーンは、奇跡的で感動的であるのだろう。
>|