霧の中の風景の作品情報・感想・評価

「霧の中の風景」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.3
話は脱線するが、11/4 富山に帰郷して、黒部市の吉田科学館で「剣の山」という映画を観た。山岳警備隊で剣岳で遭難死した父を持ち科学部に所属する高校生が科学部顧問や部員と剣岳目の前の剣沢に登山しキャンプ泊する短編映画だが、短編映画はプラネタリウムに投影された。プラネタリウムで映像を観ると立山連峰に囲まれた星空がゆりかごのような映像だった。

父の友人だった科学部顧問が父を失った青年を励ますのだが、地球の自然や生命が何万年もの時をかけて、今日のこの日がある事を説き、科学館の役割を担いながら物語が破綻していなかった。夜空の星座はギリシャ神話から作られ縁が深いのだが、ギリシャ神話に彩られた世界も長い歳月をかけて世界で語り継がれた物語である。

「霧の中の風景」は自分が東京転勤になって上京した年に観たが岩波ホールでなく、昔の日比谷シャンテだったと思う。「霧の中の風景」には「旅芸人の記録」に出演していた一座のメンバーが出演している。

映画はギリシャに住む12才の姉と5才の弟が、母からドイツに住んでいると聴き、父に会いに行く、現代ギリシャを旅するロードムービーであるが、ファンタジー映画ではない。

姉弟はギリシャの駅でドイツ行きの電車に乗ろうとするが、未遂に終わる。勇気を振り絞って再度、電車に乗り込むが途中で、
車掌に見つかり、伯父に連れ戻される。伯父の話では、父は母が語った妄想らしく父は実在しない。
ギリシャの街に珍しく雪が降り、街の行き交う人々の時間が止まっているのに、姉弟だけが、伯父の話を否定するように雪の中を走り去り再び旅に出る。

姉弟は「旅芸人の記録」の旅芸人一行の中のオレステスに出会い、旅の途中の旅芸人一座とも出会うのだが、時代が変わって「羊飼いのゴルフォ」の芝居は場所を貸してくれる人も少なく、誰も観てくれない。旅の途中、姉はトラックの運転手に強姦されてしまうが、それでも旅費を稼ごうと売春しようとする。姉はオレステスに憧れて恋をするがオレステスが同性愛者だった。国境のように見える川を渡ると霧の中にある一本の樹が立っている。姉弟が一本の樹へ駆けていき霧の中に溶け込んでいく。

姉弟が黄泉の世界に行ったのかは定かでないが、この映画はファンタジー映画ではなく、アンゲロプロス監督が作った現代のギリシャ神話なのだろう。それでも自分には「旅芸人の記録」で観たギリシャの曇り空よりは「霧の中の風景」のギリシャの空が少し明るく見えた。
高田

高田の感想・評価

-
雪の中。

静止する警官たち。

その中を走り抜けるヴーラとアレクサンドロス。

これは彼女たちの周りで起こる奇跡についてのお話。
Punch

Punchの感想・評価

3.5
こういう作品はダメ、、、
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
友人に勧められて観た最初のアンゲロプロス。こんなに静謐でこんなに誠実な映像があっただろうか、と衝撃を受けたのを生々しく憶えている。そこそこ映画を観ている割に、本来時間を捏造していることを隠蔽して出来上がる映画というものを根本で信用しきれていないところがあるが、彼の紡ぐ時間は信用できる。
s

sの感想・評価

4.0
毎日乗れずにでも乗ったら会えるて見通しの甘さもまた未熟でストレートでよい
真冬の砂浜 姉の一歩退がる姿が辛い
痛いくらい辛いのに 写す色が綺麗で そこがまたなんともいえん この監督漁ろう
makita

makitaの感想・評価

3.8
時が止まったように静かな映画。台詞が無く映像だけが流れるシーンが心地良く、そこに流れる音楽がまた良い。人の細かい感情が鮮明に伝わってくる作品。ずっと見たかったので見れて良かった。
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

2.9
『母をたずねて三千里』の主人公を姉弟に置き換え実写版にしたロードムービーといったところか。イケメンバイカーではなくトラックのキモいオッサンに処女を奪われる少女はリアルに悲惨だが、全体的にストーリーものとして何のひねりもなく、映像美で観るべき点も個人的には、最初の寝室での闇の中の光と最後の霧くらいか。他はリアリズムにありがちな日常イメージ。
この作品、監督名とギリシア産ということで過剰評価されすぎのように思う。
ツゴネルワイゼン調の過剰な短調ストリングスBGMの繰り返しもかえって興ざめしてしまった。
nao

naoの感想・評価

4.3
ふたりの過酷な旅を印象づけるための
際立たせるための演出がすばらしかったな。
まわりの時間を静止させることで静寂の中の
ふたりだけの世界が広がるような感覚や解釈
が難しければ難しいほど目にするものすべて
の映像が感性を刺激するほどに冷たかった。

ふたりが手を繋いで寄り添うように
果てしない道のりを行く姿が胸に残った。。
>|