霧の中の風景の作品情報・感想・評価

「霧の中の風景」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.3
話は脱線するが、11/4 富山に帰郷して、黒部市の吉田科学館で「剣の山」という映画を観た。山岳警備隊で剣岳で遭難死した父を持ち科学部に所属する高校生が科学部顧問や部員と剣岳目の前の剣沢に登山しキャンプ泊する短編映画だが、短編映画はプラネタリウムに投影された。プラネタリウムで映像を観ると立山連峰に囲まれた星空がゆりかごのような映像だった。

父の友人だった科学部顧問が父を失った青年を励ますのだが、地球の自然や生命が何万年もの時をかけて、今日のこの日がある事を説き、科学館の役割を担いながら物語が破綻していなかった。夜空の星座はギリシャ神話から作られ縁が深いのだが、ギリシャ神話に彩られた世界も長い歳月をかけて世界で語り継がれた物語である。

「霧の中の風景」は自分が東京転勤になって上京した年に観たが岩波ホールでなく、昔の日比谷シャンテだったと思う。「霧の中の風景」には「旅芸人の記録」に出演していた一座のメンバーが出演している。

映画はギリシャに住む12才の姉と5才の弟が、母からドイツに住んでいると聴き、父に会いに行く、現代ギリシャを旅するロードムービーであるが、ファンタジー映画ではない。

姉弟はギリシャの駅でドイツ行きの電車に乗ろうとするが、未遂に終わる。勇気を振り絞って再度、電車に乗り込むが途中で、
車掌に見つかり、伯父に連れ戻される。伯父の話では、父は母が語った妄想らしく父は実在しない。
ギリシャの街に珍しく雪が降り、街の行き交う人々の時間が止まっているのに、姉弟だけが、伯父の話を否定するように雪の中を走り去り再び旅に出る。

姉弟は「旅芸人の記録」の旅芸人一行の中のオレステスに出会い、旅の途中の旅芸人一座とも出会うのだが、時代が変わって「羊飼いのゴルフォ」の芝居は場所を貸してくれる人も少なく、誰も観てくれない。旅の途中、姉はトラックの運転手に強姦されてしまうが、それでも旅費を稼ごうと売春しようとする。姉はオレステスに憧れて恋をするがオレステスが同性愛者だった。国境のように見える川を渡ると霧の中にある一本の樹が立っている。姉弟が一本の樹へ駆けていき霧の中に溶け込んでいく。

姉弟が黄泉の世界に行ったのかは定かでないが、この映画はファンタジー映画ではなく、アンゲロプロス監督が作った現代のギリシャ神話なのだろう。それでも自分には「旅芸人の記録」で観たギリシャの曇り空よりは「霧の中の風景」のギリシャの空が少し明るく見えた。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.3
まだ見ぬ父親を求めてギリシャからドイツの国境を越えようとする幼い姉弟のお話。

美しくも悲しい映画。

どこまでも続く孤独な旅。
そして様々なものを犠牲にして必要以上に成長し、経験する旅。
一体父親は二人にとってどれほどの存在だったんだろう。
お姉ちゃんが自分が変わってしまったことを受け入れて泣き崩れるシーンとか胸が切なくなった。
ヘリコプターで吊りあげられる手とか最後の一本の木とか、ちょっと自分にはわからないメタファーとかもあったけど、映像としてはとてもキレイだった。

ヨーロッパの田舎の風景が美しい作品。
たまに偉大な映画の前に、言葉を失う。 言語がなくても厳然と存在する世界の証拠!
dude

dudeの感想・評価

4.0
子供の目には世界が霧がかって見えている、みたいなことかなと思ってたが違った。誰もが霧の中を彷徨っているのか。つまり単に“子供から大人に成長”という話ではないわけで、悲痛すぎる物語もある程度受け止めようがある。バイクの兄ちゃんとの別れのシーン好きだ。「こんな風に別れたくなかった 君達を大事にしたかったのに」
やま

やまの感想・評価

-
姉弟が父を探しにドイツへ行くロードムービー。無賃乗車、勝手に離れる弟であったり、空に浮かぶ巨大な手、そして優しい兄ちゃんだったり、彼ら二人を成長させる事象が起きて行く。

この映画もまた長回しにより生まれた素晴らしいシーンが多い。広く暗い道路、姉弟がスタスタと歩いて行き、こんな別れ方いやだよ!とバイクで追いかけてくる兄ちゃんのシーンだとか、海のシーンだとか、長回しの良さがとても活かされてる。じんわりと心にくるシーンが多いんだ。

雪だと言い、周りの人々が急に静止しだしたり、突然の馬の死体、逃げる花嫁であったり、彼らがこの旅で見てきたものは普通でないものが多い。

霧の中の風景。このタイトルの意味が。
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
暗いロードームービーは見るのがキツイな
現代ギリシャ語の音は英語系のそれに似てるね
ギリシャの暗い社会背景、勉強不足だった
soy

soyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

身体から、風景から、画面を満たす力で溢れてた。
隙のない感じ。偶然が入り込まない。
身体の一つ一つの知覚を見逃してない感じがあの張り詰めたものを生み出してるのかも。

子役の青い瞳。トラックの荷台の暗闇。巨大な手のオブジェ。
忘れられない場面多し。
最初電車に乗れないシーンから引き込まれる。ラストは震えた。
長回しが美しい映画。みんな霧の中に風景を見つけ出し、混沌の中に光を生み出そうとしている
marika

marikaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

レイプシーンで苦しくなってずっと暗い気持ちだったのですが、ラストシーンで希望が持てた 性欲の捌け口としてしか女を見れない男の人たち本当に吐き気がする 姉の左手の薬指の指輪が気になった まずは混沌がありそれから光があるんですね 風景の撮り方に嬉しくなった
>|