mikoyan358

陰謀のセオリーのmikoyan358のレビュー・感想・評価

陰謀のセオリー(1997年製作の映画)
2.5
巨大な陰謀が裏にあるから俺と一緒に逃げて!と言われても普通120%無視するところだが、この映画ではメル・ギブソン扮する主人公が主張することが嘘のようにも聞こえるがでも本当っぽい気もするし...という感じで途中まで完全にこちらの想像に委ねられているところが面白い。引っ張った割にスッキリ感がいまいちなのと、その結果巻き起こされるドタバタがやや現実感ないぶっ飛んでたりして全体的にB級テイスト満点で強い印象は残さないものの、まあ楽しめなくはないレベル。メル・ギブソンはさすがの演技力という感じだが、ジュリア・ロバーツはこの人でなくても良かった気が...