スワロウテイルの作品情報・感想・評価

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

最近CMで主題歌が流れてるのを聞いて、再鑑賞。小さい頃見た記憶があるけど主題歌しか覚えてなかった。

架空の歴史をたどった日本にある街を舞台に移民達を描いた物語。

Charaの歌だけでも見る価値あり。
またちょっとした台詞が詩的できれいだった。

渡部篤郎と山口智子の暗殺者コンビかっこよすぎ!
poi

poiの感想・評価

4.3
何度観てもいい映画◎
この頃の山口智子が1番好き
あいのうたを熱唱したくなった
すんた

すんたの感想・評価

3.8
演出がかっこいい。そして切ない。フェイホンが最後に"天国"のあおぞらに戻ってきて千円札と燃やされるラストシーンはグッときた。
あと出演者が豪華。
なんとも言えない空気感、90年代っぽい雰囲気がとても好き
あいのうたは名曲。
世界観がすごくて引き込まれた
イケオ

イケオの感想・評価

3.8
岩井世界観。マイウェイはやはりステキな曲だ。
Mountain

Mountainの感想・評価

5.0
父親がChara好きで
小さい頃Yentown bandの曲をよく聴いてたけど、この映画はずっーと未見でした。

好きな俳優さんの作品を見漁ることがたまにあって…、「さよなら、クロ」で伊藤歩さんを知って、その流れでこの映画とも出会いました。

異国情緒溢れる
日本のようで日本じゃない円都の雰囲気が
たまらなく好き。

日本語、中国語?が入り混じった独特のイントネーションの喋り方が面白いw

漫画的ではありますが、
個性的な登場人物たちは皆、魅力的。

やはりChara自身の飄々としつつも、どこか妖艶な雰囲気が良いですね。

若き日の伊藤歩さんは
すごく素朴な女の子って感じでした。

個人的に、渡部篤郎が演じたランが好きだったなぁ。基本的に無口で、裏では殺し屋稼業をしてる危ないキャラクター。

決してハッピーで明るい物語では無いけど、ふと思い出してまた見たくなる…
そんな映画です。
円の価値がものすごく高い時代、海外からの移民が出稼ぎに円都"イェンタウン"を訪れる。当の日本人は円都という呼称を忌み嫌い、出稼ぎに来る移民を"イェンタウン"と蔑む…。これはそんなイェンタウンで暮らすイェンタウンのお話…。

岩井俊二監督の作り出した世界観と心地よい音楽、イェンタウンたちのその先を眺めているうちにあっという間に2時間半経ってしまう。この映画の魅力はこの人を引き込む雰囲気、これに尽きるかな。
正直そんな、めちゃくちゃ面白い映画だった!って感じではない…のだが引き込まれる。上手く表現できないのが悔しいね。

渡部篤郎演じるランがめちゃくちゃかっこいいなぁって思った。あとCharaの唄、あのラストからのEDが最高。
最高過ぎる、なにもかも
おれの好きなものたちが絶妙なバランスで散りばめられていて、なんとも幸せな150分間だった
おれはどうにもこの「近未来の日本が舞台のディストピアもの」に弱いなぁ
しかしカセットテープ見つけるときあの黒人ボクサー結構無茶苦茶やってたけど本当に中身無事だったんか?笑
まぁそういうところも含めて、突っ込みどころとか、それどうなのみたいなところも普通にあるけど、キャラと雰囲気の魅力、起こってることのおもしろさと圧倒的な世界観で漏れなく全てチャラになるんだよな、Charaだけに

ランのかっこよさに痺れるけど、フェイホンもかっこよかったっす。。。
>|