スワロウテイルの作品情報・感想・評価

スワロウテイル1996年製作の映画)

SWALLOWTAIL BUTTERFLY/燕尾蝶

上映日:1996年09月14日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

なそら

なそらの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

岩井俊二監督作品らしい。
ただただ圧巻で、スケールの大きさも素晴らしく自然と馴染んできてしまう。

はじめは娼婦や親が殺されたり強姦されかけたり死体を埋めたりと映像共々暗いシーンが続いたが、それを打ち消すかのように中盤のグリコの歌はとても魅力的だった。

徐々に明るい空とともに何となく登場人物達の関わり合いが見えてきて暗い内容なのだろうがどうしても繊細で儚げで美しい作品に思えてしまう。

特にアゲハと少年達の支え合いと医者のおじいちゃん、敵を打ち負かしてくれたあおぞらの人々、そして何よりもグリコを信じ続けた彼にとても感動した。

とてもいい作品に出会えたと思う。
最高の映画です🎬✨
CHARAさんの歌が
素晴らしすぎます🥰✨
まずこの映画を観て
邦画なのに洋画のような圧倒感を感じました。
きっとそれは世界観の作り込みがしっかりしているからだと思います。

グリコやアゲハも勿論素晴らしい演技をしていたが
途中に出てきた桃井かおりの演技が観ていて良い意味でうわって嫌だなって思うぐらい素晴らしかった。

1990年代のバブルが終わった後の公開という時代背景もあり
お金という物をどう捉えるかってのも考えさせられた
最後の方とか誰がなに考えてるかとかよう分からんくなるし、なにが起こってるのかもよう分からんけど、全体的におもしろかった。
円都マジであるんかなと思わせられた。
CHARAはホンマに中国人かな思ったし、若い頃の三上博史男前過ぎた。

色々起こるんやけどやっぱ記憶に残ってるのってアヘン街の美術セットと山口智子バズーカとおっぱいやねんな、怖いのと面白いのとおっぱいやねんな、凄いね
語り継がれる名作です。岩井俊二と小林武史が生み出したワールド!天才すぎますね。
みか

みかの感想・評価

3.6
めちゃ好きだった〜。CHARAさん愛が最熱
通行人A

通行人Aの感想・評価

4.3
日中英まじってて、イェンタウンとか存在しないのになんなんだこの感じ。終始かっこよかった、かっこよかったとかじゃないのは分かってるんですけど語彙力がないので以上です。浅野忠信本気でクラブで音楽聴いてる人で笑った
>|