コーヒーマメ

007/カジノ・ロワイヤルのコーヒーマメのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
なんや、この渋かっこいいオープニングは!!!!
冷徹でクールなボンドの「2番目の殺し」をこれ以上なく撮りやがる!
白黒の映像にも種類があるのか。
ざらついた質感からボンドの男らしさを感じたり、もう、とにかく冒頭からニクい。

ピアース・ブロスナン主演『007 ダイ・アナザー・デイ』の次作であり、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの記念すべき一作目。
発表当時、歴代ボンドと比べ、「雰囲気が違う」やら、「え、チビじゃね!?」などといった懸念の声が多く寄せられたみたいだが、そんな不安は全くもって無駄だった。
その違和感を逆手にとって、今までのボンドにはあまり見られなかった「人間性」を前面に打ち出してきたのだ。
正面から闘うから顔面はぐちゃぐちゃになるわ、賭け事で虚勢を張って負けるわ、敵に毒もって死にそうになるわ。
正直言って、冒頭とラスト以外は全然かっこよくない!!!ww

にもかかわらず、本作が面白いと思える所以は、重厚で本格的な映像に他ならない。
全編にわたって、とにかくかっこよくて紳士的。
始まってすぐ起きるフリーランニングのアクションや、緊迫感抜群のポーカーシーンなど、テンション上がりまくるシーンほど、より緻密で計算された撮り方をしている。
これぞ大人の映画。(byガキ)

結構ダサいボンドにもかかわらず、とにかく、「クール」で「上品」な作品。
これほど、「ポーカーのルール、知っとけば良かった...」と思ったことはない(笑)
やたら、オール賭けてたけど、あんなに振り切る必要あったの?w
美女を横目にすれば、そんな理性は吹っ飛ぶのかもしれない。