sobayu

007/カジノ・ロワイヤルのsobayuのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
初っ端から超肉体派のボンドに、スカイフォールから遡って見た当時のわたしは大変驚いた。ポーカーの合間合間で死にそうな目に合っては何食わぬ顔して戻って来るボンド、ちょう格好いい。マッツをこの映画で初めて知ったので、なにこの不気味で高貴で美しいただ者じゃないオーラびんびんの人!ということにも驚いた。

ヴェスパーとボンドは知り合った当初のお互い任務についている時の関係はとても魅力的だったけど、その後であっさり仕事を捨てて南の島でバカンスし始めるとちょっと興が削がれる。というのもシッフルに拷問を受けてる時、ボンドは彼女の命より任務を優先したじゃない・・というのが引っかかるから。(あの回答が生存の確率的に一番正解というのは分かるけど)

今までも数々のボンドガールと浮名を流しどんどこ死なせているのに、ヴェスパーだけが特別だという説得力が私には微妙に感じ取れず・・だからあの悲劇のラストも100%没入して見れないことがとても残念だ。ヴェスパーもとっても素敵なのに!

と、それを言うならマッツの役もそうで、自分の彼女の腕が切り落とされそうな時に何も出来なかったじゃないですか、あの時の小物感と本来の役との間にかい離を感じてなんかそこも附に落ちない。多分わたしの捉え方が足りないというか間違ってるような気がするので、スペクターも公開することだし腰を据えてもう一回見たい。