1SSEI

007/カジノ・ロワイヤルの1SSEIのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.5
高級スーツに高級時計、アストンマーティンを乗り回し、頭脳明晰、ポーカーの名手、常に美しい女を抱き、強靭な肉体とキ◯タマを持つ男。

その名も
ボンド、ジェームズ・ボンド。

というわけで新作スペクターに向けて復習。本当は全作見たいんですが、いかんせん忙しいのでダニエル・クレイグがボンドに就任してからの作品だけでご容赦を。

これと慰めの報酬とDr.ノオとロシアより愛を込めてしか見たことのない007情報弱者ですが、これってこんなに面白かったっけ⁉︎

なんか見たけど記憶から消えていたんですが、すっごく面白かった。

白黒の冒頭。
そしてオープニング。
そこからのパルクール全開アクションシーン。

この段階で既に傑作であることは決定。

本当にアクションシーンがスケール、質、迫力どれを取っても素晴らしい。

アストンマーティンを大クラッシュさせて空中で7回転させるなんてこのシリーズじゃなきゃできませんよ‼︎(ついでにこの7回転はギネスに載ったそう)

しかし、アクションだけじゃない。

原作小説版で第1作だけれど、版権等の問題で映画化できずにいた「カジノ・ロワイヤル」を遂に映画化した作品でジェームズ・ボンドが00No.になってすぐの物語。

そのため序盤は少し無茶で落ち着きがない感じ。そんな彼がいかにして我々の知るジェームズ・ボンドになったのかを見せてくれるのです。

そういった意味ではダニエル・クレイグという選択は物凄く妥当だと思いますね。

最初は批判が多かったみたいですね、よくわかりませんが。しかし、これを見たら誰しもが彼はボンドだと認めざるをえないのでは?
僕が007をほぼ見てないのもあるかもしれませんが、特に後半にかけて、つまり成長した後の彼のジェームズ・ボンドとしての説得力は凄かった。

一方で今回のボンドガールはエヴァ・グリーン。
美しい、大好きだ。
300のあの感じも嫌いじゃないが、バスルームで体育座りする姿がかわいすぎます。

敵のマッツ・ミケルセンも相変わらず悪役顔。ボンドとのポーカー対決の緊張感は彼の目力の恩恵みたいな部分ありますよね。
このポーカーシーンも凄くいいんだ。ポーカーよくわかんないけど。

とにかくアクションシーンも素晴らしい、しかしアクションに頼りがちではない。
そんな成熟したエンターテイメントがこの作品。

最後に
キ◯タマにしめ縄をぶつける拷問は痛そう…。今度友達にしてみようかな…。