マッサージ屋

007/カジノ・ロワイヤルのマッサージ屋のレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
イギリス諜報機関の“007”のライセンスを得たジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)はテロリストへの資金運用を手掛けるル・シッフル(マッツ・ミケルセン)を追っていた。
株価操作で資金を獲得しようとしたル・シッフルの計画を潰したボンド。
ル・シッフルは損失を取り戻す為にカジノ・ロワイヤルを開催する事を知ったボンドは財務省のヴェスバー・リンド(エヴァ・グリーン)と共に参加するが…。

『スペクター』鑑賞前に復習。
劇場公開時を含めて3回目の鑑賞です。

“007”のイメージは世代的にはティモシー・ダルトンとピアース・ブロスナンなんで、当時はダニエル・クレイグと聞いて「?」だったはず(^_^;)
ところが過去の007シリーズを色々見てもトップクラスの面白さでした。

見直してもどんでん返しの連続はやっぱ面白いし、若きジェームズ・ボンドという設定なので無鉄砲さがハラハラするんですよね。

しかしアクションは割と控えめ。
工事現場のシーンはドキドキもんでしたけど(笑)

1話完結じゃないというスタイルも今までになく楽しめる。
当時はイラっとした記憶はあるけど(^_^;)