yuta

007/カジノ・ロワイヤルのyutaのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
 あらすじ
過去4作にわたってジェームズ・ボンドを演じてきたピアース・ブロスナンに代わり、新たに抜擢されたダニエル・クレイグ扮する6代目ボンドが初登場するシリーズ通算21作目。イアン・フレミングによる原作シリーズの原点『カジノ・ロワイヤル』を、本家シリーズとしては初の映画化。“007”として初めての過酷なミッションに挑む若きジェームズ・ボンドの活躍と“運命の女”との切ない恋の行方を描く。監督は「007/ゴールデンアイ」「マスク・オブ・ゾロ」のマーティン・キャンベル。
 殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。そして、犯罪組織の資金源を絶つという最初の任務に乗り出すのだった。まずはマダガスカルで爆弾所有の男を追い、そこから世界中のテロリストを資金面で支えるル・シッフルなる人物が一連の案件に深く関わっていると判明。続いてボンドは、バハマ、マイアミで武器売人と航空機爆破の阻止に奔走し、いよいよル・シッフルへ辿り着く。すると、ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかとなり、ボンドは更なる陰謀を阻止せんと現地へ向かうのだった。しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンドが送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく…。

今月に007最新作のスペクターが公開されるので、007シリーズを全く知らない私が、スペクターを観に行くためにダニエルクレイグ版007だけ予習しておこうと思いみた1作目です。

感想としては、ポーカーのシーンや冒頭のアクションなど、とても娯楽性にすぐれた映画でした。ボンドガールのエヴァグリーンも魅力的で、良かったです。名言の「ボンド、ジェームズボンド」はいつゆうのかなと思ったのですが、あのタイミングだとは思いませんでした。悪役のマッツミケルセンはあっけなかったですが、強い印象を残しました。