ねこたす

007/カジノ・ロワイヤルのねこたすのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
-
改めて一番最初の007がスカイフォールって挑戦だったなあとしみじみ思う。
スペクター鑑賞の為予習。さすがに全シリーズ走破するのは厳しいので、クレイグシリーズを一通り。

白黒の荒い画面から始まるこの映画。初めて007が映像化されたのもカジノ・ロワイヤルということもありオマージュが捧げられる。

スカイフォールを先に見た後だと物足りなくも感じてしまうが、かっこいいOPだ。

00に昇格したばかりのボンドは未熟な部分が目立つ。
追走に手間取るのも、監視カメラに映ってしまうのもご愛嬌だ。逃げる相手方の身体能力がずば抜けていることもあり、3次元的な追走劇がとても魅力だ。

ボンドガールの綺麗なチャンネーがたまらない。グラマラスな女性はタイプじゃないけれども、あれだけ美人だと楽しくなる。そして、天晴れな死にっぷり。

空港シーンは工夫はされていると思うが、若干退屈に感じてしまった。正直、株で大損の話が出るまでなぜ飛行機を狙っているのか分からなかったという…笑

それでも、タイトル通りカジノシーンはとても良かった。
絵面は地味だしつまらないという人も多いだろうが、ポーカー好きな自分はとても楽しめた。

目線や仕草をどう捉えるか、演技するかがポイントだがこういうプレーヤーがいてもおかしくないぐらいのリアリティ。
ル・シッフルのチップを弄る手癖を見ると、いかにもポーカーで遊んでいそうな人間に見える。
そして、フルハウスとストレートフラッシュの勝負も多く見る。散々"ブラフ"で前振りしておいて、お互いに自分が勝ったと信じている勝負を最後に持ってくるのはニクい演出だ。

ヴェスパー役のエヴァ・グリーンがこれまたいい女だ。
初めて顔を合わせた時の会話で、なんともボンドが楽しそう。会話の読み合いは、後のポーカー勝負に通ずる。

若くて傲慢なボンドは、これまた愚かにも毒を盛られるが、なんだかんだ助けてくれるのはヴェスパーなのだ。

それで話は終わらないのである。三者によって展開される物語は大きくうねっていく。争うお金はそれだけ大きい。

マッパ拷問されるクレイグとかめちゃくちゃ面白いし、その後のラブロマンスごっこも爆笑もの。新シリーズ始まったばかりなのに、女と暮らすため007辞めるわーとMにメールする。

しかし、それこそ真の読み合い、ポーカーフェイスだったのだ。
女にあれだけ興味無いと言っていたボンドが、ほんのちょっぴり成長したような気がしたのである。