あーさん

007/カジノ・ロワイヤルのあーさんのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
新しいものにチャレンジ第5弾、
DVDにて鑑賞。

スパイものに疎い上、慰めの報酬、本作を観ずにスカイフォールだけ先に観てしまったので話を一つ一つ繋げながら観ることに。
冒頭の人を殺すシーンと拷問シーンのリアルさに耐えられず途中でもう無理!と思ってしまったが、何とか続行。。

完璧なジェームズ・ボンドがこの作品の最大の魅力であることは間違いないが、素人の自分が観ていて良いと思ったのは007のテーマ音楽!あの曲が流れると一気に007ワールドに連れて行かれる。オープニング映像も凝っている。邦画と違って全く非日常の世界。国も違えば言葉も文化も勿論、桁違いのスケールに何が正しいとか間違ってるとか正直わからなくなるくらい…。大掛かりな建物崩壊シーンもスリル満点のアクションと共に健在(観ている方の寿命が縮まる…)。今作は特にきゅんとくるロマンスが描かれていることが意外だった。ボンドガール、エヴァ・グリーン演じる知的で且つ可愛らしさやセクシーさもあるヴェスパーが特に印象的。2人が寄り添うシャワーのシーンは個人的にとても好きだ。最後は切なすぎて…やはりハードボイルドにハッピーエンドはないのか、と思ってしまった。
そしてわかりきっていることだが、ボンドのスーツ姿!鍛え上げられた厚みのある体に白いシャツ!似合いすぎ。。こんなに素敵にスーツを着こなす人に今まで出会ったことがない!全編スーツはズルい…。セクシー全開‼︎
全体を見ると派手なアクションのある前半に比べ後半は比較的アクション控えめ?にしても緊張感あふれるカジノのシーンもル・シッフルの不気味なキャラのお陰で楽しめたしスカイフォールよりはストーリーに(少々わからない所もあったけれど)納得できたので今回は満足!