ATSUSHI

007/カジノ・ロワイヤルのATSUSHIのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
007とは。
007最新作スペクターに向けて、最新作007シリーズを観賞。
冒頭のモノクロで既に心打たれた。白黒の色しかないはずなのに、ワンシーン毎にエッジがかなりかかっており、刺々しく、荒く、かう美しい始まり。それからのトランプのハート、スペード、クラブ、ダイヤの色彩鮮やかなOP。この完璧かつ、素晴らしいセンスに思わず涙が出ない感動。あっぱれ。
そんな感動も束の間、序盤から目まぐるしく動くアクションが最っ高。このお陰で、ストーリー自体に助走をつけ、一気に走り抜ける。
ビジュアル的にも、主演のダニエルクレイグ、マッツミケルセン、エヴァグリーンと大人の色気、上品さをガンガン放つ3人に酔いしれる。特にマッツミケルセン演じるル・シッフルは病が原因で目から血が出るって、、、。それを拭き取る表情もやはり静かでかっこいい。エヴァグリーンに関しては言わなくてもいいだろう。
007を全く知らない自分に、ぼんやりとはしながらも007像のようなものを確立させてくれた。スタイリッシュかつ渋く、衝動的なラストは抜け目がない。