あきしげ

007/カジノ・ロワイヤルのあきしげのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
『007』シリーズ21作目。
シリーズ初となるリブート作。
新ジェームズ・ボンドの誕生。

6代目ジェームズ・ボンド。
ダニエル・クレイグを選出。
初の金髪で青い瞳のボンド。

当初はイメージの違いからバッシング。
作品の評判にも影響が出ると危惧され、
実際に上映してみたら心配ナッシング。
寡黙でタフな新生ジェームズ・ボンド、
歴代ボンドとはひと味違うサムシング。

冒頭から繰り広げるアクション。
これこそが新たなるアクション。
重厚でド派手すぎるアクション。

それをこなすダニエル・クレイグは、
見事にハマっていて目が離せません。

登場する悪役もインパクト。
血の涙を流すル・シッフル。
演じるマッツ・ミケルセン。
不気味な雰囲気を漂わせる。

ヒロインは資金係のヴェスパー。
演じているはエヴァ・グリーン。
やはり、美しいフランス女優だ。
それはボンドも惚れてしまう女。

渋いところでジャンカルロ・ジャンニーニ、
前シリーズから登場するジュディ・デンチ、
この二人の役所もなかなかいいと感じます。

冒頭の動。
中盤の静。
終盤の転。

すべてを受け止めますジェームズ・ボンド。
“殺しのライセンス・00”は伊達じゃない。
新たなる一面を見せるジェームズ・ボンド。
シリーズ最大なるヒット作は伊達じゃない。
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド。

言葉ではなく行動力。
それが新生ジェームズ・ボンド。
彼の言動こそが正義。
それが新生ジェームズ・ボンド。
殺しと冷酷な精神力。
それが新生ジェームズ・ボンド。
ダニエル・クレイグ。

MY-44