きよみず

007/カジノ・ロワイヤルのきよみずのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
#259-2015
クレイグボンド一作目。
007シリーズはちょこちょこ見ててスペクター公開に合わせての再鑑賞。

ジェームズボンドって、ボンドガールが毎回変わって一人の女性に安定しないっていうイメージだったんだけど、今作でヴェスパーという女性に心底惚れていて、これまでのボンド像が少し変わった。
00に成り立てっていうこともあり、思っていたよりも人間くさいところが多かったのも印象的。

アクションも冒頭から飛ばしてて、黒人とのチェイスシーンは良かった。あの追われてた黒人の人もかなりの身体能力でもはや人間のなせる技ではなかった。

悪役にミッツマケルセンが登場するけど、あの中性的な顔立ちとあの雰囲気が絶妙にマッチしていて不気味な感じが堪らない。