ごんチキン

007/カジノ・ロワイヤルのごんチキンのレビュー・感想・評価

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)
4.0
来年、007の最新作『NO TIME TO DEI』が公開されるので6代目ジェームズボンドのダニエルクレイグの1作目を見てみました!

イギリス諜報部MI6のスパイで"00''の地位に昇格したジェームズボンドは最初のミッション「テロ組織につながるル・シッフルという男に接触する」を遂行させるため、カジノへ行きポーカー対決をするというお話

じつは僕、007シリーズは『スカイフォール』しか見たことがありません💦
なので今回は人生2作目の007であります
※ちなみに『スカイフォール』は初心者にはわかりにくい部分もありますが、見れないことはなくおもしろかったです!

ほとんど作品を見たことない者として、ボンドは「スーツを着てハイテクグッズを駆使しながら敵を追い詰める」というイメージがありましたが、6代目はそんなことないんですね…
ペンが銃になったり水中を潜れる車が出てくるイメージでしたが、生きるか死ぬかのリアルな戦いが多くてびっくりしました笑

じつは個人的にスパイグッズやスパイ武器が出てくる映画(『キングスマン』など)がどうも苦手でして…
スパイ好きの皆さんには申し訳ないのですが、『ダイハード』のような泥臭い戦いがすごく好きなのでスパイ映画に嫌悪感を抱いてました…

しかし!6代目007は僕のような人であるほど楽しめる映画かもしれませんね✨
「血を流しながら戦い勝利するも、心で悩み苦悩する」という"人間らしさ"があったのが素晴らしいです

また登場人物のセリフや衣装、仕草がとにかくオシャレ…
邦画・洋画にないイギリスらしさといいますか、さすが英国を代表するジェントルマン!「こういうクールでカッコいい男になりたいなぁ」なんて思います(^◇^;)

悪かった点はかなり長いですよね💦007全作品がそうなのかもしれませんが、本題に入るまでが長い…マッツミケルセンに出会うまでが長い…笑
そしてストーリーが少し難しいような気がします
いまどんな目的で誰と戦ってるのか、いま出てきた人たちは何者なのかがわからなくなることが多かったです

ダニエルクレイグが6代目に決まったときは見た目などからシリーズのファンからバッシングを受けたようですが…
僕の青春時代のボンドがダニエルということあってか、「ボンド=ダニエルクレイグ」のイメージしかありません!
「固定概念にとらわれない新しいジェームズボンド像」を作り上げたダニエルクレイグに拍手を送りたい!!

※最新作でダニエルは007最後になるので、新007役が誰なのかも楽しみですね