fumika

アメリのfumikaのレビュー・感想・評価

アメリ(2001年製作の映画)
3.5
小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ
22歳になった今でもモンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた
そんな彼女はある日、宝箱を見つけたことをきっかけに他の人を幸せにすることに喜びを見出す



序盤はアメリの台詞はほぼなくナレーションで構成されているが、物語が進むにつれてアメリ自身の台詞が増える
これは自分の殻を順調に抜け出しているサインだと解釈できなくもない


そしてよくよく見ると変わっているのは周りの人達
そのお陰でアメリの少し世間ずれした可愛い女性像が確立されている


オドレイトゥトゥ主演はココシャネルしか観たことないのですが、その時にはどうも苦手に感じていて…
でもはっきりした顔立ちと表情の豊かさでキャラクターの輪郭をはっきりさせてくれるので、彼女のそうした天賦の才は世界観を作ってくれるのは大いに役立つなぁと感じました


オレンジの色調とフランス的音楽と可愛い街並みとへんてこな登場人物と
みんなに愛される理由がよく分かる作品