アメリの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

アメリ2001年製作の映画)

LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリ」に投稿された感想・評価

やこ

やこの感想・評価

4.4
引き込まれMAX
おめぐ

おめぐの感想・評価

3.0
この雰囲気のやつね。
国は違うけどシンプル・シモン思い出した。

2度目は無いかな。
話は分からなかったけど世界観が良かった
itagaki

itagakiの感想・評価

3.8
可愛いいたずら
私

私の感想・評価

3.4
ぼーっと観てたらいつのまにか終わった
アメリかわいい!

以上!
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.1
フランス映画かあ
えー、何でこれ好きなんだみんな?

私は好きじゃなかった、それだけの話だと言ってしまえばそうだけど、、、。

大人になっても少女の心を失わないかあ。
その表現正しいのか、、、?
割と閉鎖的な世界で育った子が良くこうもうまく人付き合いしていくもんだなあ。と
もうちょい表情豊かな感じかと思ってたら、生い立ち結構暗いし表情もかためだった。

周りの人を幸せにっていうけど、一人エグい仕打ちを受けてる人いたし、要らないお節介で同僚の女の人結構可哀想な感じの展開になってたし、結果彼女の自己満では?って思えてならない

同じ世界観なフランス映画なら、

”Attila Marcel”(邦題ぼくを探しに)

のが断然好き。最強のふたりとか、パパは奮闘中とか、フランス映画は嫌いなわけじゃないけど、これはだめだあ。

なーんにも感じなかった、、、
超有名なフランス映画。

アメリという、人とコミュニケーションを取るのが苦手、空想にふけるのが大好きという女性が主人公。

ある日、昔アメリの住む部屋に住んでいただろう人が忘れていった宝箱を見つける。アメリは宝箱の持ち主を探し出し、もし見つけられたら自分の殻から飛び出そうと決意する。
コミュニケーションを取るのが苦手なアメリは、持ち主に姿がばれないように持ち主に宝箱を返すのに成功する。
彼は「天使が奇跡を起こしてくれた」と感慨にふけり、疎遠になった娘を訪ねることを決意した。それを見て、アメリには世界のすべてが輝いて見えた。アメリはちょっとした人助けを始める。
そして、人助けの最中、ある青年に一目ぼれして・・・というお話。

恋愛の要素もあるが、恋愛映画という印象は受けなかった。どちらかというとコメディ映画だろうか。

といっても、そこはおフランスの映画。
日本のコメディ映画のようにどんちゃん騒ぎという訳ではなく、ただただ洒落ている。
劇中に出てくる街並みや小物、なんなら彼女たちが話すフランス語がどれもおしゃれでキュート。
そして何よりアメリがかわいい。
見た目がではなく、彼女の持つ女性ではなく少女らしい部分が見ているものを虜にする。

ただよく見ないと物語が入ってこないと感じた。実際、アメリの妄想と現実がごっちゃになったりして、話が分からなくなる部分が多々ある。

とはいうものも、この映画は細かい伏線を見つけて楽しむという映画では決してない。
何も予定の無くなった土曜日のおやつタイムのお供に、フランスのお洒落な雰囲気をぼーっと楽しむ。
そんな素敵な映画だ。
yukiko

yukikoの感想・評価

-
久しぶりのフランス語が何故だかとても心地よかった🇫🇷

-Page cinquante et un.
-Souhaitez vous me rencontrer ?

こんなことされたらそりゃ気になっちゃうよね🎠