遥美沙樹

愛のむきだしの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

愛のむきだし(2008年製作の映画)
4.2
園子温作品の中でも好きな映画。4時間の超大作ですが全く飽きない。実際の西島さんはぶるんぶるん女を振り回してしれっと捨てることが出来るタイプだろうと勝手に思い込んで居たけど、今回は逆の立場だったので、私の中でバランスが取れました。役者としては良い素材だと思う。満島ひかりさんもいつも思うのは、この人ほど下品をポジティブに個性として表に出せる人は居ないだろうなと思って居たけど、今回も全く裏切らず。女優さんだなぁ。そして大好きすぎる安藤サクラさんはこういう狂った役をやらせると本当によく光る。総称すると園子温という監督は、本当に役者の潜在意識をむき出しにするのが上手!脚本も素晴らしい。ここまでむき出しで生きていけたら…と観ている側に憧れさせる狙いがあった気がする。