やすゆき

ブレーキのやすゆきのレビュー・感想・評価

ブレーキ(2012年製作の映画)
2.8
主人公のジェレミーは気が付くと棺桶サイズの箱に入れられていた。周りの音などからどうやら車のトランクに入れられているようだ。こんな事をされる覚えは無かったが、犯人から要求が入る。それは大統領が緊急時に避難する場所ルーレットを教えろとの事。

ルーレットの存在は一部の人間にしか共有されていなかったが、ジェレミーはシークレットサービス関係の仕事をしていたために、その場所を知っていた。⇒しかしどんな事があっても教えられない。

しかし犯人は何とか聞き出そうとジェレミーを追い込んでいくのであった。

・・・的な作品。

結果、3重トラップの作品なのだが2重じゃー誰でも分かるよねーだから3重にしよう!ってな感じの作りだった。