フッカー

スケアクロウのフッカーのレビュー・感想・評価

スケアクロウ(1973年製作の映画)
4.4
あー、たまらなく好きだ。
言葉ひとつで人は崩れる。言葉ひとつで人は変わる。....こともありうる。そんな簡単に変わらんけど。
カラスを怖がらせるカカシ

入りからして凄い心に残った。
広がる景色、奥へ奥へ伸びる道。そびえる十字架。男同士って実際こんなんだよな。
初対面でベラベラ喋るわけでもないし、会ったばかりだとまあ公的な場はおいといて、私的な場ならこんなもん。

その確かに隔たれてる心の距離がタバコの火を借りてグッと縮まるシーン。オレンジと黒のコントラストがどんどん強調される夕陽のシーン。色使いが大好きだわ!!!!じ~~んとくる!!!(*´ー`*)

笑える楽しめる、だけではなく結構その人の深いとこまで触れてるロードムービー。

人の言葉遣いとか雰囲気ってうつるよね。
親しい友人で穏やかな言葉遣いの人がいたら、それとなく自分の言葉遣いにも影響が出て。気持ち、少し穏やかになる感じ。
空気感とか、そういう言葉とか、間とか、表情とか、知らない間にそういうものを周りから受けとってる。

そうして微妙にブレンドされて自分の、それ、が出来ていくというか。
そんなカカシの変わりかたにとても笑顔になる。あーー、すげえ好きな映画だったわ。