Osamu

少年と自転車のOsamuのレビュー・感想・評価

少年と自転車(2011年製作の映画)
4.2
父親に捨てられた少年が、自身の存在意義を、父性愛を渇望する物語。

なんという映画だ。
少年と父親、少年と里親、少年と"密売人"、それぞれの関係において異なる少年の心の様相を生々しく描いている。その対比で描かれる少年が愛おしくて、苦しいくらい切ない。

その見せ方が独特なんだろうか。他の映画では感じたことのない突き付けられ方だ。昨日観た『サンドラの週末』と共通している。

主人公に感情移入させずに、他者の目で見つめさせている、のかな。隣人に寄り添う目を擬似体験させているのではないだろうか。

ダルデンヌ兄弟。昨日初めて知ったけど、すごいよ。この人たちの作品、相当好き。