ミチ

少年と自転車のミチのレビュー・感想・評価

少年と自転車(2011年製作の映画)
4.7
ダルデンヌ作品2作目の鑑賞。

親に捨てられた少年シリルを演じたトマス・ドレ君の演技がとてもリアルで、観ていて痛々しいほどだった。

そして偶然出会っただけにもかかわらず、母親よりも大きな愛でシリルを包み込むサマンサ。

親でもないのにどうしてそこまでするのか、そんな疑問がふと沸いてきたが、映画を見終わった頃には、その疑問自体が間違っていることに気づかされた。

いまの時代、他人の子を叱れる大人がどれほどいるだろうか。
それを有り難いと思える親がどれほどいるだろうか。

他人の家のことには首を突っ込まない、そんな大人たちの態度が親たちを孤立させる。

自分の家のことに首を突っ込んで欲しくない、そんな親たちの態度が子どもたちを孤立させる。

親として、一人の大人として、観終わってからも色々と考えさせられた。

ぜひ多くの大人に観て欲しい。