チャップリンの黄金狂時代の作品情報・感想・評価

「チャップリンの黄金狂時代」に投稿された感想・評価

ダンスホールとジョージアを待つチャップリンとの平行モンタージュで高められた感情が、扉を少し開け、外を見つめるチャップリンの横顔のクローズアップで頂点に達する。めっちゃ感動した。
笑わせといてこれができるから汚ねーんだよなぁ。偉大だなぁ。
金鉱を捜すチャーリーは猛吹雪のため小屋に避難する。

人生初チャップリンです。

全体的にコントなんですが一抹の寂しさを感じる独特な映画でした。
これがチャップリンの持ち味なんですね。
72分とは思えないほど内容が凝縮されていて見応えがありました。

また随所にある印象的なシーンからはセンスを感じます。
無声映画ながらも観ていて全く飽きが来ませんでした。
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.1
有名な靴のディナーのシーン。
山小屋のシーソー。
ロールパンのダンスなどなど。
1942年からのサウンド版は73分。
だから多分やけどこっちやろなw
[R_D]

このレビューはネタバレを含みます

メモ
金鉱を求めて雪山にやってきたチャップリンが織り成す笑いあり、恋愛ありの傑作。色んな作品で用いられている雪山ギャグ(お腹がすいて人間が動物に見える、山小屋が吹雪で崖っぷちまで追いやられる……)の元ネタがチャップリンだと知る。基本ドタバタとしたコメディだが、ジョージアに約束をすっぽかされた主人公が、皆が楽しんでいる様子を寒い屋外から眺めるシーンはあまりに寂しくて泣ける。
もた

もたの感想・評価

3.5
着ぐるみも、茹でた靴を食べるのも、ダンスホールでのドタバタも、おもしろいけど、コントっぽさがあまり良くなかった。
フォークとパンのダンスも巧い。
#授業で鑑賞シリーズ
きび

きびの感想・評価

2.5
有名な靴を食べるシーン、もむもむお口動かした食べるので、なんだか靴もおいしいのではと一瞬思う。
EnoTaka

EnoTakaの感想・評価

3.9
傑作。名作。たくさん笑った。ストーリー自体ももちろん良かったんだけど、とにかく面白かった印象が強い笑。コメディー要素がかなり多め。おもしろおかしい。「アメリカン・ドリーム」が作品の背後にあって、なおかつラブストーリー的な要素もあって、いろんなことが道中で巻き起こる1つの大冒険物語を見ているような気分だった。チャップリンの映画は世界共通の、誰が見ても分かる魅力がある。今作もたくさん心を動かされた。時間も短くてコンパクトに内容が詰まっていて素晴らしい。サクッと見れるから是非見て欲しい。
清楓

清楓の感想・評価

4.4
面白かった!
動き一つひとつがとてもコミカルで愛らしい。
>|