愛のむきだしの作品情報・感想・評価

愛のむきだし2008年製作の映画)

LOVE EXPOSURE

製作国:

上映時間:237分

ジャンル:

4.0

「愛のむきだし」に投稿された感想・評価

園子温監督は天才だから、作品への評価が極端に分かれると思ってて、ヒミズで園子温監督の作品が超苦手 と思っていましたが 今作はのめり込んだ

( 少しは観たことがありましたが ) 4時間 度肝抜かれた!特にラスト30分間は 圧巻・怒涛!「狂気」が最も人間らしい一面だと思っている。

まず 実話っていう事に 驚いた。
『盗撮マニアの男が新興宗教によって洗脳されてしまった妹を助け出した』の部分が本当のことで、この映画を撮るにあたって、監督は実際に新興宗教に入信して内部をリサーチし『(新興宗教に関する)描写はほとんど実在するもの。本当に起きていること』と、監督曰く。
いや 待てよ あのシーンが本当…?
…ホラー映画よりも恐ろし過ぎる。

主人公の悠を演じる AAA西島隆弘 の演技が凄い!これをファンが鑑賞したら 愛が深まるしかないす…。超絶大好きなグループでそして最も好きなメンバーの主演映画は自分にとっては ご馳走様です🙇‍♂️くったくのない笑顔に間違いなく 誰もが癒される 😭💞 満島ひかりも 超〜可愛い!!😍
クラシックの名曲が 重要な局面で流されており 園子監督の音楽選びのセンスが好み!

ラスト30分の コタツに入って鍋を囲んでる和やかなシーンで、神父が「食べるの忘れてました」「出来上がってない」などと、天然爆発させすぎか!超可愛い!と 笑ってしまった ☺️!!
すげえ映画っていうことには何の異論もない。
楽しかったかでいうと、間違い無く楽しめた。
でも、好きかというと好きではない。
この作品をとても愛している人がいるのは知っているし、その気持ちはよく理解できる。
不幸な出会いだったのは、こちらがこの作品を観るのを渋りすぎた点だ。
もっと公開日に近い位置で素早く鑑賞していたら、グッと高い好感度をもてたのだろうなとは思っている。
赤さん

赤さんの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラと満島ひかりのむき出し感がすごいね、狂気だね。

チャプター1の盗撮編からググッと引き込まれてサソリ編からの展開に息つく暇もないくらい手に汗握りました。

園子温監督の思う愛はどこにあったんだろう、、色んな愛がむき出しで、愛には色んな形があるんだと実感しました。
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.3
最初見たときは凄い作品だったと思ったが、二回目観るとやっぱ長さが気になる。この作品は4パートに分かれてるんだな。
前半のシリアスパートは退屈だし、盗撮パートはコメディとしては滑ってる感じがする。その後の偽サソリ編から徐々に面白くはなってくるが、なかなか展開がおそい。
最終パートの奪還編は、今まで溜め込んできたものを吐き出すかのようにクレイジーでなかなか良い。やりすぎ感もあるが、満島ひかりと安藤サクラの常軌を逸した演技は見る価値は高い。疲れた。
Yuming

Yumingの感想・評価

4.1
一瞬で終わった。一番こわいのはニンゲン
ぺぇ

ぺぇの感想・評価

5.0
後にも先にもこれを超える映画は無いと思う。
あーーやっばいの見ちゃった
まずタイトルが完璧。むきだしすぎるわ...衝撃的だった

前半の盗撮してるシーン見てみる映画間違えたかと思ったけど、中盤から後半にかけての狂気とか、俳優たちの熱演とか、どこまでも遠回りしている感じとか、すごかった。4時間長かったけど、引き込まれました。良くも悪くも残る作品。あんまり人に勧められる映画ではないけど

愛って恐ろしい....あー、こわかった
Etam

Etamの感想・評価

3.0
面白くはあるのだけど、長くてしんどい。しつこい。
惰性が1ミリもない本気の映画でした。

まず満島ひかり出てる時点で映画に50000点あげたいところです。
冒頭2時間ほどは、開いた口がふさがらない内容でした。え?これ見てよかったのかな、、。という序盤。マジなのか、冗談なのか、さっぱり掴めず混乱混乱の頭カオス状態になりました。
「愛」っていうのがどでかいテーマになって、愛とはなんぞや、なんぞや、と考えぬいた結果、このような奇抜な表現になったのかなと思います。
子供の時に親からまともに愛を受けられなかった若者が、神・宗教や暴力や性みたいなしっかりと存在のある確かなものを求めつつ、愛とは何か、自らをボロボロにしながら知っていく、そんな物語。
4時間くらいの作品にしては飽きませんでした。満島ひかりは本当にすごい女優さんなんだなあと再認識。
もお

もおの感想・評価

2.7
ぶっ飛んでました
>|