彼奴(きゃつ)を逃すなの作品情報・感想・評価

彼奴(きゃつ)を逃すな1956年製作の映画)

製作国:

上映時間:94分

3.9

「彼奴(きゃつ)を逃すな」に投稿された感想・評価

汽車の通過音は銃声をかき消すほど大きい、というような映画のうそを存分に楽しめる佳品。
本作における、大きな音が続くあいだに味わうことのできるスリルといったら!
芥川也寸志によるピアノのクラシックとジャズのあいのこのような劇伴も良い。
ただ、序盤の事件の起点の演出がわかりづらかった。古いフィルムだからしょうがないのかもしれないけれど。
警察に殺人の容疑者を目撃しただろうと責められた木村功が、ついに警察に告白して、これで楽になるだろうと思ったら、今度は犯人に狙われるのではと疑心暗鬼になり追い詰められていく展開で、見ていてこちらもハラハラドキドキ、胃が痛くなりそう。それで犯人がその隙に忍び寄ってくるのが面白かった。

「ミステリ劇場へ、ようこそ。2018」
@ラピュタ阿佐ヶ谷
一

一の感想・評価

-
志村喬がイヤらしいかんじでいい~。悪者たちがわざわざあんなリスクを冒して証人を殺しに行く意味がぜんぜんわからないけど、サスペンスとしてめちゃめちゃ上手いし面白い。チンドン屋のシーンとかなんなんだよと思うけどすごいハラハラする。そして沢村いき雄の顔が好き。
なやら

なやらの感想・評価

3.5
暗殺者による殺人現場を目撃した木村功が、妻の津島恵子と共に事件に巻き込まれちゃうサスペンス。話の枠組はアーバン(?)なのに、舞台となるのが下町商店街というのが面白い。商店街/スナイパー、この二項組み合わせの妙。
木村功のストレスフルな状況へ引き摺り込むサスペンス話法もなかなか充実している。鈴木英夫の地肩の強さを見た感じがする。影っぽく靄っぽい絵面もかなり好み。
あと、全編を通して音の演出に意識的であり、非常に冴えている。芥川也寸志の冷たく鋭利な劇伴もよい。
チンドン屋より後、中盤が少しダレるので−0.5。
古い商店、住宅街など街の風景が沢山映っていて良い。

主役夫婦のお店の中での会話、息が白くて昭和感あった。ラジオ主体の暮らしも。
津島恵子の洗濯物の干し方が雑で笑った。

とにかく警察が韓国映画ばりに無能でキーッ!となりました。
犯人の報復が怖くて警察に黙ってんのに、モンタージュとった次の日の朝刊に即時公開したあげく、護衛が杜撰極まりない!こわ!!
結局、自分達で身を守ってるじゃん。

あと、貨物列車の音で発砲音消すなら、列車が通過する前に停電にしたら撃てないからより安全だったのでは…

音楽と静寂がうまく使われていて怖さ増し増しでした。

ミステリ劇場へ、ようこそ。@ラピュタ阿佐ヶ谷
マツダ

マツダの感想・評価

5.0
無音に痺れる
「七人の侍」で恋に落ちた二人が・・鈴木英夫「彼奴(きゃつ)を逃がすな」

日本映画から「音」を観る歓びを味わえたのは嬉しいかぎりです。さすがにヒッチコックやブニュエルのように「足音」を観せる芸当には及ばないにしても「音」からここまで不安感を醸す鈴木英夫の手腕は絶品です。

「七人の侍」で激しい恋に落ちた木村功と津島惠子が夫婦役。志村喬の刑事。そして二人を追い詰める犯人が宮口精二とは確かに同じ東宝なら不思議じゃないが今から観れば巡り合わせの悪戯とさえ思えてきます。
以前
日本映画専門チャンネルで放映してて、大体内容は覚えてるけど、雰囲気のあるサスペンスで面白かったから、また観たい映画

汽車の通る音が迫力あった


DVD発売してもらいたい!
モチ

モチの感想・評価

4.5
先ず木村功が旧友に会い現状の自分と比較し嘆き、妻が説得するもラジオ修理の仕事を続けていいものか悩むが、お客さんが来た瞬間に颯と笑顔になり、もう少し頑張ることを決意する。夫婦の絆が簡潔に表現され、これより幾度もある夫婦が連れ添って歩くショットが素晴らしく見える。
中盤で犯人と間違え木村功が逃げる時にカメラが太陽に向き一瞬だけ画面が真っ白になり、爆発した様な興奮がある。さらに殺人事件を目撃する短いショットの積み重ね。目撃した事を報告するか悩む夫婦を、部屋を暗くして殆どシルエットになる姿を捉えたローアングル。最後の犯人が報復に来た一連の場面。全てに緊迫感が張り巡らされている。
>|