ooospem

青い青い海のooospemのレビュー・感想・評価

青い青い海(1935年製作の映画)
5.0
ウワアァすごいこれ。傑作です。
80年以上前という時代の違いをまったく感じない。

フィルム画の荒い粒子からすら爽やかな、大きい大きい海が舞台。世界各国の文化が入り混じることのない昔ながらの、いい意味で単純な生活が繰り返される小さな島。そこに現れまた去っていく、二人の男と現地の女性、現地の人々との刹那の70分。…なんてシンプルなんだ。それでいて、なんて素晴らしいんだ。

映像という小さな世界にまとまるだけで、一片の物語がこんなにきらめきを放つのだという映画の魅力の体幹が、この70分にぎゅっと詰まってる。何より二人の男とマーシャの笑顔が眩しい。どこまでも素直な笑顔。コミカルな台詞、小学生みたいな喜びの舞いや伸びやかな歌声たちも、ぎゅっと絡み合ってその笑顔を際立たせている。
ほんの部分的に使われる高速カメラでの演出や、迫り来る荒波をダイナミックにとらえた大迫力の映像など、緩急のリズムもお見事だった。

《ワールドシネマの傑作》も納得です。