「ブロンド少女は過激に美しく」に投稿された感想・レビュー

ユタ
ユタの感想・レビュー
2016/09/28
4.0

このレビューはネタバレを含みます


会計士の男マカリオは仕事場の窓から見える少女ルイザに恋をし、なんとか結ばれようと奔走するが…



妻にも友にも言えない話は見知らぬ人に…と偶然隣りあわせた婦人にマカリオが話しかけるシーンから自然と物語に引き込まれる。


そしてあの結末。ああいう突拍子も無い結末好き。

ただサロンのシーンで読まれる詩や、
マカリオがルイザを隣の建物の窓越しに見るときの断絶感、非対称な撮り方がマカリオの未来を暗示してるようにも思った。

オリヴェイラはこの作品を撮ったとき100歳だったらしいけど、全く古くささがない。
レビューを漁っていて、反音楽、反モンタージュ、というキーワードを見て少し腑に落ちた。
サクッと見れる尺も良い。面白かった。
ブラックハナ
ブラックハナの感想・レビュー
1日
3.4
最後のポーズと間がよい
サットン
サットンの感想・レビュー
2017/03/13
3.8
動かないカメラ。
窓。靴音。
ポルトガルの街並み。

上映時間64分と短く衝撃的というほどもない悲しい結末。
すべてが落ち着いていて、美しい。
キヨ
キヨの感想・レビュー
2017/03/12
-

このレビューはネタバレを含みます

彼女の何を好きになったんだろう。見た目?家柄?
財産を成すことばかりで彼女の気持ちは、どうなの?
なんとも情けない、ぱっとしない男だなぁ

最後の指輪買うシーン、彼女に選ばせないのかよって思った。彼女がつけるものなんだから、どれがいい?って選ばせてやれよ。お前の好みを押し付けてくるな。
全くもって彼女の話を聞かない男だな。
abemathy
abemathyの感想・レビュー
2017/03/09
1.5
何の予備知識もなく見始めたのに、すぐに「アンジェリカの微笑み」を思い出しました。
同じ監督&主演だったんですね。
あ、あっちが先か。
いずれもタイトル盛り過ぎ。
kai
kaiの感想・レビュー
2017/03/04
3.8
会計士のマカリオは叔父に雇われ洋品店の2階で働き始めた折、向かい側の建物の窓辺に現れたブロンドの少女ルイザに一目惚れしてしまう。
ラストを観てしまうとよくある恋に盲目な男の話だが、ルイザの内面を描写しているシーンはしっかりとある。
容姿ばかりを見るなというオリヴェイラ監督の教訓なのだが、この映画を100歳という年齢で撮った監督の若々しさに驚いてしまう。
諒
の感想・レビュー
2017/02/18
2.5
叔父の店に行った時に見かけた高貴な雰囲気を持つ少女をひと目見て心を奪われてしまう。
少女は見られている事に気付いており、魅惑の笑みを浮かべてくるのだった。
ますます少女の事が頭から離れないのであった。
やがて少女と話す機会があり、叔父に結婚をしたいと言うが反対をされ仕事も首になってしまう。

期待していた話と違って、あっさりめで物足りなかった。
タイトルと中身が合っていないのも何か意味があるのかな?
yoshimin
yoshiminの感想・レビュー
2017/02/14
2.8
残念!!最後まで救われない主人公。
>|