心の旅の作品情報・感想・評価

「心の旅」に投稿された感想・評価

薫子

薫子の感想・評価

3.4
リセットして幸せになりたい
Rizu

Rizuの感想・評価

-
記録用
chazma

chazmaの感想・評価

3.5
良い役者さんと脚本の展開
vesper

vesperの感想・評価

-
記録

すごく前に鑑賞しました。内容覚えてないけど良かった印象。
今日、久しぶりにTSUTAYAに
寄ってみた。久しぶりに観たい
作品があったが、そのTSUTAYAには
置いてはいなかった。

心の旅。ハリソン・フォード。
1980年から2000年までの出演作を
見てみるといい。凄すぎて少し
笑ってしまう。代表作と呼べる作品
ばかりだ。ミスチルのライブじゃ
ないんだから。SF超大作のイメージも
強いが、実は幅広いジャンルをこなせる
器用な俳優で、コメディからサスペンス、
ヒューマンもの、アクションと、何に
出演しても、確実にヒットさせている。
そして、僕はその20年あまりを作品群を
リアルタイムで映画館で全て観ている。
なのでハリソンは、お袋以上に
僕の彼女に会ってるってことになる。
あら、恥ずかしい。
観にいったらハリソン・フォードが
いたのか、ハリソン・フォードだから、
観に行ったのか、わからないけど。

それらの作品の中で、もしかしたら、
一番地味で、一番知られてなくて、
でも、僕が大好きな作品なのが、
今作の、リガーディング・ヘンリー。
邦題は、心の旅。
まだハリソンが、ジャック・ライアンや
キンブルになるちょっと前だ。

監督は(卒業)のマイク・ニコルズ。
(ワーキング・ガール)でハリソンの
軽妙なコメディの才能を引き出していた。
ハリソンの妻には、アネット・ベニング。
(キッズ・オールライト)や
(20センチュリー・ウーマン)で
素晴らしい演技を見せてくれたアネットが
今作でも素晴らしい。
そして脚本は、J ・J・エンブラムス。
そう、あの J J!こんなヒューマン
書けるのね。

手段を選ばない敏腕弁護士が
ある事件で瀕死の重傷を負う。
脳に大きなダメージを残した男は、
記憶を失ってしまう。
目の前には、陽気なリハビリトレーナー、
そして、妻と娘がいた。
他人のような妻と娘が。

喪失と再生。失った道があるのなら、
新しい道を歩き出せばいい。
少しの勇気と理解者とともに。

印象的なシーンがたくさん。
演者がみんな忘れ難い演技を
見せてくれる。

このまま、知られずに消えてゆくのか、
それは僕ら映画ファンにかかっている。
折にふれ観たくなる映画ってあるけど、この作品もそう。レンタルショップでなんとなく手にしてしまう。

有能だけど心の冷たい男(ハリソンフォード)が、ある日暴漢に襲われたことで記憶をなくす。記憶をなくした男は思いやりの深い人間になっていた。以前の「冷徹な自分」の人生を「思いやり深い自分」が見つめ直す時の苦悩。その繊細で優しい姿のハリソンフォードの演技が素敵。根底には記憶を失っている不安と恐怖を抱きながらも、ひたむきに過ごすうちに絆が消えかけていた妻や子どもとの関係が変わっていく。

ふと、この映画を観たくなる時は、「本当に大切なこと」を忘れかけてる時なんだと思う。
maayk

maaykの感想・評価

4.3
本当の自分。自由ってこういうことなのね。
まわりなんか気にしない。
自分は自分。一歩一歩。

リハビリの先生とビーグルのバディが最高すぎる。
笑みが止まらない。
心が解けてく素敵な作品だった。
意外に良くて、観たあと、幸せな気分になりました。
>|