太陽の王子 ホルスの大冒険の作品情報・感想・評価

「太陽の王子 ホルスの大冒険」に投稿された感想・評価

児童館でワクワクして観た記憶がある
今回もワクワクして観られた
素晴らしい
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.0
眩しいわ!
食料を調達するとか、踊るとか、生活の場面場面で根源的に湧き上がる悦びが、画に乗って躍動していた。

自分の居場所を作るとき、悪意と対峙するとき、どこかもっと灰色の場所で折り合いをつけようとしてしまうし、もっと楽な妥協点を探ってしまう。

強くてブレないホルス万歳!弱くブレやすい私を、どうかお導きください。
学校の授業で。

これが何年も昔に作られていたとは思えなかった。予算がない中でこれだけのものを作れたのはやっぱりすごい。
新文芸坐 東映動画オールナイトで観賞

50年経っても色褪せない名作
35mmフィルム上映で観れたのは貴重な体験
2018.6.某日
自宅PCにて鑑賞

高畑さんへの追悼として初鑑賞。
50年前の作品とは到底思えない。宮崎駿×高畑勲というジブリの原点にして至高である。

1カット目から天才。セルアニメーションの限界を知っていながら枠に囚われない演出。
ヒルダの複雑な人物描写は、この頃から単純な勧善懲悪のストーリーを忌み嫌っていた事が実によくわかる。
アニメーションでありながらミュージカルを志向するという点も、50年経った今でもその発想をする人間はいない。

いつか再評価される日を待つ。
東映アニメーションの名作
敵たるグルンワルドがあんまり怖くないのだけれど、ヒロインのヒルダが闇落ちしてしまう絶望が深い。グルンワルドは物語上の障壁である以上に「悪」の象徴なのだなと思う。

ホルスは闇落ちヒロインを殺せないため、物理的な戦闘で解決できないところに厄介さがあって、精神的な問題として善悪の葛藤が昇華される

とか構造について書いても仕方ないくらい映像が素晴らしい。これセルアニメなのやばいな。
あとヒルダが可愛いです。アイヌ系ファッションもいい。
Arcn

Arcnの感想・評価

4.0
映画の開幕からモノが違うのが伝わってくる、日本アニメ史に残る傑作。
とは言えども、やはりヒルダの存在がこのアニメの底上げになっているのです。
古いアニメだけど、絶対観て損しない作品。
王道なストーリーで面白い。古いアニメだが、心理描写もちゃんとあって、みごたえあり。
たおやかで強い優しさ
>|