太陽の王子 ホルスの大冒険の作品情報・感想・評価

「太陽の王子 ホルスの大冒険」に投稿された感想・評価

高畑勲の初の長編アニメ映画。

高畑勲の真骨頂であり今となってはアニメ作品では当たり前となった、日常生活の描写を最初に取り入れたアニメ映画。
周囲からは、そんな冒険活劇と関係のない日常生活の描写を取り入れてアニメ作品として成立するわけないって言われてたみたいだね。
しかしそんな意見を蹴散らすように村人達の収獲という日常生活を歌えや踊れのミュージカルシーンとして見事に楽しいものにしてた。
ここから始まったんだね。

それにしてもスタッフクレジットで高畑勲と大塚康生と宮崎駿が一緒に出てくるんだからね、これはやっぱ上がるなあ。
Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、WOWOW。いろいろ加入しているので、たまにもったいない気持ちになりときどき仕事の合間に各サイトを徘徊している。「まもなく配信終了」コーナーで見つけたこの映画。存在はちいさい子どものときからなぜか知っていて、イメージは古くさい映画で、ずっと観ていなかった映画。
「ジブリ汗まみれ」や高畑勲監督のお別れ会でも最近名前が出てきていたのを思い出して観てみた。

背景や理由を深く掘り下げずにどんどん進んでいくストーリーはともかく、カット割りやレイアウトは現代の平べったいアニメも見習ってほしいくらい。街に狼が攻めてくるところのストップモーションの演出も、世界初なのではないだろか。時間的にアクションシーン描く時間がなかっただけかもしれないけど。

内容ももっと子ども向けかと思いきや、心理描写も多く大人向けと言ってもいいくらい。1968年、50年前の映画とはとても思えない。当時の評価はどうだったんだろう、とウィキペディアを見てみたら……ご想像にお任せします。
だけども「会社がプレハブを作ってもらいたいのに君たちは鉄筋コンクリートを作ろうとしている」という東映動画の偉いさんのコメントに、製作陣の気合が感じられてアツくなる。
ニコ

ニコの感想・評価

4.0
新文芸坐の高畑勲追悼特集、東映アニメーション・オールナイトにて2回鑑賞。
50年前に作られた作品だけれど、大胆なカットやシーンの切り替えなどは今見ても新鮮。
テーマは人間についてで、現代にも通じる普遍的だけれども強く訴えかけるもの。
トークショーで当時の現場の雰囲気を少し感じられた気がします。
うちだ

うちだの感想・評価

3.0
子供向けのわかりやすい活劇かと思ったら、ヒロインの複雑な心境を演技で表現する、大人になって見方が変わる二度美味しい作品だった。アニメーションももちろんすごい。
基本設定はよくわかんなかったけど(笑)
たむ

たむの感想・評価

4.1
高畑勲監督の最初の劇場用アニメーション映画として、後のジブリ作品の原点として、日本映画史上の超重要作品です。
オープニングのアニメーションの動きの面白さから、冒険・英雄映画のセオリーを攻めながら、人間の心の疑心暗鬼や扇動についてもテーマ性を強く描きます。
高畑勲初監督作品にして、宮崎駿初の本格アニメ進出作。

単純な冒険活劇ものかと思ったら、ヒルダという女の子の登場から作品の雰囲気がガラリと変わる。ヒロイン登場ってことは、いよいよ『未来少年コナン』や『ラピュタ』のような少年少女の健康的な冒険がはじまるんかと思いきや、なんとヒロインが村人たちの疑心を利用して主人公を陥れる、という斜め上をいく展開に。そこから完全にホルスからヒルダに主人公の座がわたり、良心の呵責に懊悩する可憐なヒロインが物語のハイライトとなる。その苦悩がこの作品に「深み」を与えている。
ジブリ的かどうかわからないが、カットのつなぎ方や、アクションシーン、アイデアを振り絞って平凡なストーリーを平凡にしないような工夫と意地が見られ、たいへん楽しかった。
wami

wamiの感想・評価

2.9
ストーリー6
キャスト6
映像4
音楽3
またみるか4
プラス要素6
>|