ドラえもん のび太の宇宙開拓史の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太の宇宙開拓史1981年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.4

「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」に投稿された感想・評価

都会の星の名前がトカイトカイ星とかいう安直な名前よ
るる

るるの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

改めて見ると、ああそうか、開拓の街に助太刀、西部劇の文脈なんだ、と気付いたけど、それっぽくないのは良いのか悪いのか、せっかく開拓したのに悪徳地上げ屋が、とか、当時の日本のあれこれ反映してたのかなと思いつつ

赤と青の雪が積もると紫にとか、不思議生物とかビジュアル面の面白アイディアに感心、パンダが印象的、羽が生えた卵は不気味だった、ガルタイトを擦り合わせて力を発生させる仕組み、凄い発想だなとか、畳の下が異世界と繋がってる、引き出しの中にタイムマシンと似てるとはいえ日本的なアイディアで面白いし、最後、異空間が離れていく絵面のインパクトは強烈だなとか。改めて見て感心するポイントが多い。雪の花はそうでもなかったけど、あの記念品には憧れたな。

重力が違う場所ではスーパーマンになれる、子供心にワクワクした思い出

しかしあのロップルくんは出木杉くんに通ずる、ちょっと優秀過ぎる感じ。父の事情ヘヴィだなとか。殺し屋が強烈すぎて笑っちゃうんだけど、「悪知恵はコンピュータじゃ弾けねえぜ」とかセリフがキレキレ、隣人親子、ブブくんの役回りが気の毒というかちょっぴり苦手

改めて見ると野球が好きなのに野球部に入れない中学生、憎めない奴らでよかったな、空き地がなくて別の星へ、以降のシリーズで引き継がれていく設定だけど、面白い、しずかちゃんがジャイアンとスネ夫を呼びにいってくれる、みんな良い奴ら…しずかちゃんが一緒になって野球してるの良かった、なぜか夢オチっぽい終わり方だけど

昔からシリーズのなかでそんなに好きじゃない…ゲストキャラがそこまで好きじゃないからか、ロップルくんの妹クレムにデレデレするのび太に呆れる気持ちがあったからか、無双っぷりにワクワクできなかったからか、のび太ドラえもんがメインで他三人の活躍がそんなにないからかな…クレムにあやとりを教えてあげる行為にもそこまで心動かず…うん…

リメイク版見たいけど結構気合い入れなきゃいけない気がしてる
Sammy

Sammyの感想・評価

4.6
前作に引き続き。
生まれる前の作品ですが、特に印象深い作品です。
竹馬

竹馬の感想・評価

-
畳開けたら異世界に繋がってるの夢すぎる
コーヤコーヤ星、、トカイトカイ星、、、
作画はひどいかもしれないけど、リメイク版よりは作品に愛情があり、丁寧。
子供の時に観ておけば良かった
( ;∀;)ジャケットでと食わず嫌いしなきゃよかった〜理由なく好き。
ロップルが出木杉君に見えた。
ラストのサヨナラシーンからのダブル主題歌も好き。
>|