ドラゴン怒りの鉄拳の作品情報・感想・評価

「ドラゴン怒りの鉄拳」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.3
新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」の2夜目は『ドラゴン怒りの鉄拳』。

ただただ魅入った。耳に残って離れない「アチョー」の怪鳥音に華麗なヌンチャクさばき。当時、頭をゴツンしたヌンチャク男子続出の理由がよくわかる。これがブルース・リーのアイディアだというのだから、やっぱエンターテイナーとしても最高だわ。

闘いの構え、俊敏な動き、怒りで震える鉄拳、タメ、キメ顔…。アクション時のブルース・リーはもう完璧、全くスキがない。シリアスさと、思わず笑っちゃう愛嬌を兼ね備えたキャラクター。観ている側も力が入り、体が動きそうになる一体感。前作『ドラゴン危機一発』から飛躍的にパワーアップ。これは一気に人気爆発の流れでしょ(香港で、ですが)。

多分、動きの速さとか、技術とかって、今のアクション俳優でもひけをとらないか、それ以上の人っているのだと思う。でも関係ない。かもし出す雰囲気が最強。こればかりは理屈じゃない。唯一無二のブルース・リーだからイイのであって、他の人が同じことをやっても意味がない。

日本軍が幅をきかせる中国・上海で日本人柔道グループが、ブルース・リー扮する主人公が敬愛する武道の師匠を毒殺。その陰謀に気づいたブルース・リーが仇を討つ物語。中国人を見下す日本人のいやらしい姿を描くなど反日感情を感じる映画だけど、ブルース・リーにやられるなら仕方ない(笑)

アクション以外ではブルース・リーの変装が楽しい。この人、どこかしら笑える親しみやすさも人気につながっていると思う。あとキスシーンは本作だけなのかな。

ということで、本作も凄かったのだけれど、次に観た『ドラゴンへの道』は個人的にさらに上を行った感じ。ブルース・リー、ええ、ハマりましたとも。

●物語(50%×3.5):1.75
・ラストも結構好き。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・ブルース・リーのアクションパーフェクト。ただただ魅入った。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・多分、なんか良かった。

●お好み加点:+0.3
・ブルース・リーなので。
gp

gpの感想・評価

3.6
悪者に怒りの鉄拳!
アクションは勿論、癖のある敵が魅力的
megusuke

megusukeの感想・評価

2.2
反日全面押しカンフーアクション映画。

ブルース・リー主演の他の映画を観ていると、アクションのレベル上がってるなーとか、スタジオセットしっかりしてんなーとか
この役者さん動き良くなったなーってな感じの楽しみ方(?)があるけれど
この作品単体だと、徹底され過ぎて笑ってしまうレベルの日本人の悪者感と、トンデモ日本文化。
ラストシーン、ブルース・リーの素晴らしい躍動感ぐらいが見所かなぁといったところ。

ブルース・リーは作品に恵まれてるとは言い難いけど、それが彼のカリスマっぷりをより引き立てているのかなーと思ったりした映画でした。
タマゴ

タマゴの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

師匠を日本人が経営する道場の陰謀で毒殺され、
日本人に次から次へと復讐する話。

ドランク危機一髪に比べ、
無駄な音響効果、無駄なカットは
減ったような気がする。

しかし、この手の映画を観てると、
ほんと昔の日本人嫌われてたなぁって思う。
当然のことしてるんだけど、
映画の表現でやられると、
観るの辛いね。
ブルース・リー主演第2作。1900年初頭の大日本帝国主義が蔓延る上海を舞台に、恩師を殺された青年の復讐と哀しみのアクションドラマ。リーの怒りと悲しみの表情が切なく、そして衝撃のラストシーン。怪鳥の啼く音とヌンチャクが初登場。ある時は人力車夫、ある時は新聞売りの老人、またある時は電話修理工…意外な変装名人。"東亜の病人"という屈辱。精武館。虹口道場の鈴木館長。お座敷ストリップ。"室田日出男"の名札。日本人=腹巻き。「自分の罪は自分で償う。精武館には手を出すな」
harumijano

harumijanoの感想・評価

3.6
師匠の為に戦うブルース・リーは容赦ない!
ただ冷静さ欠きすぎ!笑
プロパガンダっぽい雰囲気もありなかなか雰囲気が楽しめる

確実にドラゴン危機一髪よりアクションの質が上がっている

てかブルースリーの肉体の説得力ったらない
元祖春巻先生
今見ると映画そのものはかなり陳腐。
ブルース・リーのアクション、顔芸、筋肉美、雄叫びを楽しむための映画。
>|