ドラゴン怒りの鉄拳の作品情報・感想・評価

「ドラゴン怒りの鉄拳」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.3
新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」の2夜目は『ドラゴン怒りの鉄拳』。

ただただ魅入った。耳に残って離れない「アチョー」の怪鳥音に華麗なヌンチャクさばき。当時、頭をゴツンしたヌンチャク男子続出の理由がよくわかる。これがブルース・リーのアイディアだというのだから、やっぱエンターテイナーとしても最高だわ。

闘いの構え、俊敏な動き、怒りで震える鉄拳、タメ、キメ顔…。アクション時のブルース・リーはもう完璧、全くスキがない。シリアスさと、思わず笑っちゃう愛嬌を兼ね備えたキャラクター。観ている側も力が入り、体が動きそうになる一体感。前作『ドラゴン危機一発』から飛躍的にパワーアップ。これは一気に人気爆発の流れでしょ(香港で、ですが)。

多分、動きの速さとか、技術とかって、今のアクション俳優でもひけをとらないか、それ以上の人っているのだと思う。でも関係ない。かもし出す雰囲気が最強。こればかりは理屈じゃない。唯一無二のブルース・リーだからイイのであって、他の人が同じことをやっても意味がない。

日本軍が幅をきかせる中国・上海で日本人柔道グループが、ブルース・リー扮する主人公が敬愛する武道の師匠を毒殺。その陰謀に気づいたブルース・リーが仇を討つ物語。中国人を見下す日本人のいやらしい姿を描くなど反日感情を感じる映画だけど、ブルース・リーにやられるなら仕方ない(笑)

アクション以外ではブルース・リーの変装が楽しい。この人、どこかしら笑える親しみやすさも人気につながっていると思う。あとキスシーンは本作だけなのかな。

ということで、本作も凄かったのだけれど、次に観た『ドラゴンへの道』は個人的にさらに上を行った感じ。ブルース・リー、ええ、ハマりましたとも。

●物語(50%×3.5):1.75
・ラストも結構好き。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・ブルース・リーのアクションパーフェクト。ただただ魅入った。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・多分、なんか良かった。

●お好み加点:+0.3
・ブルース・リーなので。
たくや

たくやの感想・評価

2.5
日清戦争で敗北後の上海の設定で、中身は反日的な内容。一応日清戦争後となっているが、製作されたのが1970年代なので日中戦争の憂さ晴らし的な中身を持っていると思う。
中身が反日でも良いがストーリーはしっかり作って欲しい。復讐しては反撃されの繰り返し。ブルースリーが道場に忍び込むための変装が多く見られるが、敵は不審者とは思わないのか侵入が容易すぎる。危機一髪の時と同様に裸婦が写っているシーンがある。
河口

河口の感想・評価

4.1
ブチ切れたブルースリーが超高速回し蹴りをかましまくるキモチイィ映画
👍カッコいい❗
キレッキレッ
とはこのことを言うんだね。
静の表現がすばらしい
シリーズの中で一番好き
TKHR

TKHRの感想・評価

3.1
面白かったけど、日本人がかなり悪者扱いされてる映画。まあこれ作られたのがそういう時代だから仕方ないのかな?
それと中国人の警察官が塚地にそっくりで気になって集中できなかった(笑)
KADFILM

KADFILMの感想・評価

3.4
最後のスタントマン、ジャッキーチェン。
>|