ドラゴン怒りの鉄拳の作品情報・感想・評価

「ドラゴン怒りの鉄拳」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.3
新宿ピカデリー9周年企画「ブルース・リー4夜連続上映」の2夜目は『ドラゴン怒りの鉄拳』。

ただただ魅入った。耳に残って離れない「アチョー」の怪鳥音に華麗なヌンチャクさばき。当時、頭をゴツンしたヌンチャク男子続出の理由がよくわかる。これがブルース・リーのアイディアだというのだから、やっぱエンターテイナーとしても最高だわ。

闘いの構え、俊敏な動き、怒りで震える鉄拳、タメ、キメ顔…。アクション時のブルース・リーはもう完璧、全くスキがない。シリアスさと、思わず笑っちゃう愛嬌を兼ね備えたキャラクター。観ている側も力が入り、体が動きそうになる一体感。前作『ドラゴン危機一発』から飛躍的にパワーアップ。これは一気に人気爆発の流れでしょ(香港で、ですが)。

多分、動きの速さとか、技術とかって、今のアクション俳優でもひけをとらないか、それ以上の人っているのだと思う。でも関係ない。かもし出す雰囲気が最強。こればかりは理屈じゃない。唯一無二のブルース・リーだからイイのであって、他の人が同じことをやっても意味がない。

日本軍が幅をきかせる中国・上海で日本人柔道グループが、ブルース・リー扮する主人公が敬愛する武道の師匠を毒殺。その陰謀に気づいたブルース・リーが仇を討つ物語。中国人を見下す日本人のいやらしい姿を描くなど反日感情を感じる映画だけど、ブルース・リーにやられるなら仕方ない(笑)

アクション以外ではブルース・リーの変装が楽しい。この人、どこかしら笑える親しみやすさも人気につながっていると思う。あとキスシーンは本作だけなのかな。

ということで、本作も凄かったのだけれど、次に観た『ドラゴンへの道』は個人的にさらに上を行った感じ。ブルース・リー、ええ、ハマりましたとも。

●物語(50%×3.5):1.75
・ラストも結構好き。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・ブルース・リーのアクションパーフェクト。ただただ魅入った。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・多分、なんか良かった。

●お好み加点:+0.3
・ブルース・リーなので。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

3.2
1995年1月15日

反日感情を掻き立てる設定と内容ですが、大方、私も含めて目的はリーのアクションシーンが目的なのでノープロブレムということで。

前作のドラゴン危機一発が成功したためか、道場や屋敷のセットがやたら豪華!

この作品、やたらと唐突に挿入したと思えるシーンが多く、結構笑えます。例えば日本人?芸者の突然のストリップシーンは失笑してしまうほど滑稽!ストーリーには全く関係ないよなぁ。
それとリーが墓場で得体の知れない動物の丸焼きを食らい、その後ノラミャオとの濃厚なキスシーン!なんとも不思議なシチュエーションです。
そして、リーの変装シーンは殆どコメディの世界ですけど、特に電気工事士のシーンのニヤニヤ笑いは最高です!
まぁいろいろツッコミどころはありますが、アクションシーンはお互いの間合い、リーの睨みに焦点をあてたフォーカスなど、さすがの演出です、敵役のロシア人マフィアとの関節技の攻防、橋下力との刀とヌンチャクの攻防などファンには堪らないインパクトです。

ラストはブルースリーらしく、カンフー映画では珍しいバッドエンド。
大昔、ブルースリーのインタビュー映像が収められたドキュメンタリーを見たことがあって、内容は忘れてしまいましたが、とにかく武闘家というより、哲学者という印象を受けました。未だ誰も彼を越えられないというのもある意味納得できるような気がします。
ブルース・リーを怒らせたら、死を覚悟しろよという教訓。

違う!何もかもが違う!リズム・姿勢・気迫・キレ・スピード。動きに無駄も隙もない。人間越えてるね。もう超人!
はっ!もしかしたら瞬開?瞬歩?を会得している?もしかして護廷十三隊の隊長格だった?と思っちゃうほど凄いよ、ブルース・リーはヽ(*´▽)ノ♪唯一無二♪

師匠の復讐のためには何でもやっちゃうリー。車夫、新聞売り、電話修理人に変装してのスパイ活動だってやっちゃう。
恋だって犠牲にしちゃうリー。なが~いキスシーンが切ない。

ヌンチャクや三節棍を巧みに操るリーだが、対ロシアン・マフィアには、師匠直伝の[迷綜拳]で勝利。復讐を果たすのだが……。
尻切れトンボのラスト。残念な終演(-""-;)。
kuu

kuuの感想・評価

-
過去鑑賞記録
ブルース・リーの出ている映画の中では一番好き。途中でブルース・リーが変装するシーンがあるんだけど、受けを狙ってるのか、真面目にやっているのか判断がつかない(笑)。恐らくジャッキー・チェンであれば上手く料理出来たであろう。でもいいのだ。ブルース・リーの良さはそこではなく、哀愁にある。彼のアクションと哀愁が最高潮の作品はこれだと思う。
旨味

旨味の感想・評価

-
敵の日本の道場のシーンで、ピンボケしてるとはいえ嘉納治五郎先生の写真をそのまま使うのはあかんやろと思った。

自制が効かへんくてすぐに理性飛んでまうやつに格闘技教えたあかんやろと思った。

武術家が報復をしたらあかんやろと思った。

日本を必死になって悪役に仕立てて、物語の中でボッコボコにして、中国にプライドは無いのかと思った。

この映画を好きな日本人がたくさんいることが信じられない。

でも本物のブルースリーの「アチョー」はマジにカッコよかった。
Karen

Karenの感想・評価

3.0
私もリー先生に人力車で吹っ飛ばされたいです。
shinki

shinkiの感想・評価

3.0
突っ込みどころ満載だけど、アクションシーンはかっこいい。
45年前の映画だけど今見ても面白い。
日清戦争直後の話。
首領茂

首領茂の感想・評価

3.8
前作のヒットを受けて作られたブルース・リー主演第2作。前作より大幅にアクションが増加しており、もうしょっぱなから大乱闘にヌンチャクと、もう大判ぶるまい。しかもそれを終盤でもやってくれんだからいや~たまらんね。リーの変装などのギャグも必見。いや面白かった。
>|