群衆の喚呼の作品情報・感想・評価

「群衆の喚呼」に投稿された感想・評価

ラストは笑った。女優が金切り声をあげすぎていて、くどい芝居
白

白の感想・評価

2.5
兄弟間のライバル意識と格差。火の点くレーシングアクションの凄さやお笑いがいまいちピンと来なかった。
ryosuke

ryosukeの感想・評価

3.5
うーんホークス作品にしてはシンプルにあんまり面白くないな。見るべき映像、演出が見当たらなかった。肝心のレースの迫力も今一つで単調さは否めない。
キャグニーの可愛い往復ビンタとか笑っちゃったんだけど何なんだ。
キャグニーに泣いて縋りつくシーンのアン・ヴォーザークは熱演なんだけど、ホークス作品のヒロインとしてはこういう行動は珍しい気がするな。まあその後は流石の行動力のホークス的女性像になるんだけも。
オチは良かったかな。ヒロインとのあれこれを見せたりせずにスピーディに終結させる結末は、カーレースが題材の本作に相応しい。
ジェームズ・ギャグニー主演のカーレース映画。落ちぶれたギャグニーが、外付けのダイナーで昔の恋人に遭遇するシーンで泣く。シリアスな物語なのに最後はギャグ!
「昨日の英雄は今日の浮浪者だ」
こーや

こーやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ映画とはこういうことだったのか。恐慌からの回復を象徴しているのか?映画の生まれた地の薫りを感じた。
あの時キャグニーがドライバーをやるようになった経緯の説明が最後にあると思っていたら、ただの笑わせるオチでビックリした。でも、クライマックスは手に汗握る展開だし、オチもキャグニーらしくて楽しいし、まあいいかって思えるのが不思議。
昔のサーキットは舗装してないところもあったのにも驚いた。

「ハワード・ホークス監督特集II」@シネマヴェーラ渋谷
Lalka

Lalkaの感想・評価

3.3
『永遠の戦場』と比べざるをえない状況だと被写界深度が気になり。カーチェイスの迫力は楽しい。
AS

ASの感想・評価

3.6
省略が多くていまひとつ乗り切れないが、あのオチで全て許せてしまう

@シネマヴェーラ