エイリアン/ディレクターズ・カットの作品情報・感想・評価

「エイリアン/ディレクターズ・カット」に投稿された感想・評価


あぁぁああ エイリアン可愛すぎるうううう

最後目がちかちかするけど

あれはきっとプリティエイリアンの輝きなのね!!

もうずっとエイリアンを見つめてしまう
そしてドキドキする

あぁ これは恋だあああ 愛だああああああ

いやああああああああああああああああああ
cp

cpの感想・評価

3.5
生存は本能。繁殖は欲?
生存は欲。繁殖は本能?
自分としてはイマイチだった「エイリアン・コヴェナント」。文句たれながらも劇場で3回観ました。映画としては不満アリだったものの、人間が宇宙船やら未来の道具やらSF的ガジェットを操るのを観てるだけで楽しいんだよなあ、と自分の「好き!」を再確認。

SF的なガジェットというのは、基本的に現在身の周りにあるモノなどの延長としてデザインされます。

たとえば「エイリアン・コヴェナント」では、情報の表示は液晶パネルだし、入力はタッチパネルや音声入力です。

対して「エイリアン」の場合は30年以上前の作品なので、出てくるガジェットも古い感じ。情報の表示はブラウン管モニタ、入力はキーボードやらボタン操作であり、出てくる道具もかなりアナクロです。

だから今回見直してみて、かなり時代遅れ感をもつかなーと思ってたんですが、全くの杞憂。

久しぶりに観ましたけど夢中になってみました。ガジェットなんてストーリーの本質じゃないなんていう意見もあるでしょう。しかし、自分としては「エイリアン」ていう作品は生活感あふれる人間たちと、なじみきってるガジェットが魅力の大半なんです。このはまってる感はスバラシイ。ちょっと今の自分には言語化できないですけど、このあたりがSFにおけるリアリティの答だと考えます。

このことだけ書いて、ストーリーやらのことはまたの機会に・・・

ちなみに自分が一番怖いところはエイリアンじゃなくて、アッシュの正体がわかるところです。あそこめっちゃ怖いでしょ!?
まる

まるの感想・評価

4.0
通して見たのは初。キモ!怖っ!
時代を感じるチープさが良い。制約の中で世界観練ってる感じが😸

とりあえず、ミルク吐き出すアンドロイド野郎はふぁっくだね✊
haru

haruの感想・評価

4.0
素晴らしすぎた
どうやったらあの変な形を思いつくんだろ
Yoshiki

Yoshikiの感想・評価

3.4
SFホラーの頂点だと思う。
40年近く前の映画とは思えない。
何より美しいのはエイリアンの造型とその在り方だ。僕の大好きな小説にでてくるセリフ、「怪物は言葉を喋ってはならない、正体不明でなくてはならない、不死身でなければ意味がない」を百点満点でやってのけるエイリアンとリドリー・スコットに脱帽。
nosonoka

nosonokaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ディレクターズ・カット版で追加されたシーン
・エイリアンの繭にされたダラス船長がリプリーに「kill me…」と懇願するシーン
・船内で謎の信号を聞くシーン
・医務室前でランバートがリプリーに平手打ちをするシーン
・ブレッドの悲鳴を聞き駆けつけたパーカーがブレッドの血を浴びるシーン

オリジナル劇場公開版にあってディレクターズ・カット版にはないシーン
・リプリーがダラスにアッシュの素性を尋ねるシーン
・ダラスがマザーコンピューターからエイリアンの情報を入手しようとするシーン

ALIEN=異星人として定着させSFホラーのカルチャーを築いた傑作映画
主人公が女性というだけだなく当時になかった冷静で判断力のある新しい個性を持った
他の登場人物も固定した各々のキャラクターが確立されて、アッシュの薄々気づく胡散臭い悪役演技は、実はアンドロイドという新しいオチで観客を裏切るのが斬新
アッシュを始めチーム仲間の行動に意見したり衝突したり、会社の契約や意向に沿わなければならない圧力に辟易するリプリーの姿は、今も昔も変わらない現代社会の悩みを反映し共感もひとしお
船内は当時の最新コンピューター機器を使ったことが今ではとても時代遅れに見えるが、AIマザーの存在やエイリアンに襲われた巨大な宇宙人の化石やその宇宙船のセットは発想が素晴らしすぎる
アッシュの人間からアンドロイドへ変貌する演技・特殊メイクを魅せるホラーに、エイリアンという生物の想像を掻き立てる全体像を見せないホラー、共に申し分ない怖さと不気味さがある
キスシーンすらない作品だがセクシュアリティのメタファーは有名だし、とにかくいろんな要素構成を詰め込んでるのに至ってシンプル
そして当時監督がSF映画として唯一関心を持っていた⌜2001年宇宙の旅⌟を彷彿させるような美しい宇宙空間と、独得の“間”、今の時代じゃ真似できないあの“間”で、完璧だけどお腹いっぱいにならない抜けのある仕上がりは、ずっと垂れ流しても観てられる芸術作品
>|