アキラ AKIRAの作品情報・感想・評価

アキラ AKIRA1988年製作の映画)

上映日:1988年07月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「アキラ AKIRA」に投稿された感想・評価

伝説のアニメってどんなもんかと見てみました。

結論から言うと、SFとアニメーションが大好きな僕からして全然面白くなかったです。もちろん、面白そうになる要素はあったんですが、絵が怖いし、BGMがほぼ皆無だし、現代のビジュアルエフェクトに慣れてしまった自分は30分待って期待していたんですが、ついに途中で見るのをやめてしまいました。。

他の方を見るとすごく評価が良いのですが、もしかしたら最後までみたり前提知識があると面白いのかもしれません。
しかし、僕は本当に耐えられなくて見るのをやめてしまいました。。

最近期待しすぎると評価下がってしまう傾向
見るタイミングも良くなかったかもしれないです。機会があったらもう一度挑戦したい
三太郎

三太郎の感想・評価

4.2
描写の細かさと背景の綺麗さ。
当時だから全て手書きなんだろうと思うけどそこまで書き込むかと思うほどに映像が細かかった。

家に漫画が途中までありラストこんな感じかと思ったけどちゃんと漫画を読みたくなった。
そういえば有名なのにまだ見たことなかったって思ったので鑑賞!
さんをつけろよデコ助野郎!を聞けたから感無量っすね。
これ作画がすごいですね、、、。でも絵柄が怖いよお
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.5
当時の音楽担当「芸能山城組」の演奏と、金田役の声優さん&アニメ評論家のミニトーク、最後に35mmフィルムでの鑑賞でした。
これで2,500円はお得!

今観ても映像の緻密さ、生理的嫌悪感を煽る演出、音楽の使いどころに斬新さを感じる。
ブレードランナーほど他の作品でオマージュされてないから、古さもあまり感じない。

あと、フィルム入れ替えのマークとか、変なゴミ?や縦線が入るのも、もはや味…
よい体験でした。
あっ

あっの感想・評価

-
過去鑑賞
音楽と映像が迫力あって観てて楽しくて良かった。バイクのシーンが凄くかっこよかった。
arikawa

arikawaの感想・評価

4.5
鉄雄の腕があれ程に成長するとは誰が想像しただろう...
初芸能山城組、数十台のジェゴグの両端にドラムと電子ピアノ。8人のコーラスから始まるkanedaとBattle against Crown
科学者山城祥二曰く脳を活性化する音、映像の薬物に宇宙。kaneda≒Tour de France

ボロボロの東映ロゴ

芸能山城組「交響組曲AKIRA」演奏会+氷川竜介×岩田光央トークショー×35mmフィルム劇場公開版 上映。at ティアラこうとう
19.10.13

年始恒例のギア
19.1.1
18.1.1
>|